[記事公開日]2018/08/21

中村剛也(西武)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

西武ドームと中村剛也の背番号

長年、ホームランを量産し、本塁打王を独占してきたおかわり君こと中村剛也(なかむらたけや)選手。

史上最強のホームランバッターとも言われ、7割の力でもホームランを放つことができるといいます。

西武のベテランとなった本塁打王・中村剛也選手の年俸の推移を調べました。

スポンサーリンク

中村剛也の年俸情報

中村剛也の年俸推移は以下の通りです。

年度 推定年俸
2002年 600万円
2003年 600万円
2004年 700万円
2005年 700万円
2006年 2000万円
2007年 2700万円
2008年 2800万円
2009年 7000万円
2010年 1億5000万円
2011年 1億2500万円
2012年 2億5000万円
2013年 3億円
2014年 3億5000万円
2015年 3億8000万円
2016年 4億1000万円
2017年 4億1000万円
2018年 2億8000万円

中村剛也の最新の年俸は2億8000万円です(2018年度)

おかわり君という可愛らしい愛称で呼ばれている中村選手も今では17年目の大ベテラン。

ちなみに、「おかわり君」は先輩に好きな言葉を聞かれた時に「おかわり」と答えたことがきっかけだそうです。

 

中村選手は、2011年シーズンオフの契約更新で、3年10億円(2012〜2014年)の大型契約を結び、その後4年20億円(2015〜2018年)の大型契約で更新。

しかし、成績不振におちいり、2017年オフの契約更新では、推定2億8000万円(1億3000万円の減額)となっています。

球団が求める以上の本塁打を残せていないこと、年齢35歳を考えると、今後の複数年契約・年俸アップは厳しい状況ではないかと思います。

 

現在、西武ライオンズの4番を務めるのは、「おかわり君二世」と呼ばれる山川穂高(やまかわほたか)選手。
→ 山川穂高(西武)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

山川選手は中村選手を師と仰ぎ、大学生の頃から中村選手のバッティングフォームを研究し、真似たそうです。

おそらく現状の西武打線で、中村選手が上位打線・中軸に入り込むのは難しいと思います。

しかし、キャプテンで3番打者・浅村選手がFA権を取得しており、大きく打順が組み替わる可能性も考えられます。

スポンサーリンク

中村選手は名門・大阪桐蔭では高校通算83本の本塁打を放ち、ドラフト2位で西武入り。

83本は歴代8位。1位は日ハム・清宮幸太郎選手の早稲田実業時代の111本です。(2018年現在)

 

大阪桐蔭はプロ予備校のような存在ですが、特に西武打線には大阪桐蔭出身者が多数います。

3番打者・浅村栄斗(セカンド)

5番打者・森友哉(キャッチャー・指名打者)

7番打者・中村剛也(サード)

8番打者・岡田雅利(キャッチャー)

同じ学校の出身者がこれだけスタメンに名を連ねるなんて大阪桐蔭すごすぎです^^;

 

「おかわり君」と可愛らしい愛称でおなじみの中村選手ですが、その愛称とは反対に少し無愛想なところもあります。

一部の野球ファンの間では、中村選手の暗い表情に批判の声も見受けられます。

ただ、内向的な選手もいますし、プロスポーツ選手とはいえどテレビタレントではないので、少し多めに見てあげてほしいなと個人的には思います。

まとめ

・森友哉選手の現在(2018年)の年俸は2億8000万円

・最高額は4億1000万円(2016年、2017年)

【ライオンズの関連記事】浅村栄斗(西武)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

 

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!