[記事公開日]2018/09/14

千賀滉大(ソフトバンク)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

福岡ドームと千賀滉大の背番号

ソフトバンクのエースとして活躍を見せている千賀滉大(せんがこうだい)投手。

千賀投手といえば、150キロ台の豪速球と「お化けフォーク」と呼ばれる落差を持つ変化球が特徴です。

将来、メジャーリーグでの活躍も期待される千賀滉大投手の年俸の推移を調べました。

スポンサーリンク

千賀滉大の年俸推移

千賀滉大投手の年俸推移は以下の通りです。

年度 推定年俸 球団
2011年 270万円 福岡ソフトバンクホークス
2012年 440万円 福岡ソフトバンクホークス
2013年 650万円 福岡ソフトバンクホークス
2014年 3300万円 福岡ソフトバンクホークス
2015年 2500万円 福岡ソフトバンクホークス
2016年 2500万円 福岡ソフトバンクホークス
2017年 6500万円 福岡ソフトバンクホークス
2018年 1億2500万円 福岡ソフトバンクホークス

千賀滉大投手の最新の年俸は1億2500万円です(2018年度)

 

千賀投手は、愛知・蒲郡(がまごおり)高校の出身。

蒲郡高校は無名校で、甲子園とは今のところ縁がありません。

千賀投手の時代も県大会3回戦で敗退しています。

 

しかし、地元愛知の野球関係者がソフトバンクのスカウトに千賀投手を薦めたことがキッカケで、ソフトバンクが動いたと言われています。

2010年のドラフト会議、育成枠4位で指名され、年俸270万円・支度金300万円で契約しています。

 

この年の育成組の中には、二塁手・牧原大成選手と捕手・甲斐拓也選手もいます。

また、ドラフト2位は柳田悠岐選手。(1位の山下斐紹選手はトレードで楽天に移籍)

 

・1番打者の牧原

・4番打者の柳田

・正捕手の甲斐

・エースの千賀

2010年ドラフト組・育成ドラフト組11人の中で生き残った4人は、今やホークスを牽引する存在。

 

特に、牧原・甲斐・千賀の3選手は育成から這い上がった選手です。

この3人のサクセスストーリーは奇跡とも言われています。

その中で、千賀投手の物語は月刊コミック雑誌に漫画もなっているんです!
→ 千賀物語【月刊コミックゼノン】

無名投手がヒーローになるまでの努力と達成の過程に感動すると思います。

スポンサーリンク

そんなエース千賀投手の代名詞とも言えるのが「お化けフォーク」です。

通常のフォークよりも落差があり、消えて見えるところからきています。

そのお化けフォークと千賀投手の他の球種についても見てみましょう!

千賀滉大の球種は?

千賀投手は、プロ入り後にMAX157キロを記録するほどの剛腕投手です。

ストレートの平均速度は148キロ。

その速球と、スライダー、フォークを軸とした組み立てをしています。

 

変化球はカーブ、カットボールもありますが、主体はストレートにスライダーとフォークを混ぜる形。

同期の甲斐拓也捕手の巧みなリードで次々に三振をとっていきます。

こちらがお化けフォークです。

このフォークをとる甲斐選手もすごいですよね。

甲斐選手への信頼があるからこそ、思い切ってフォークを投げられるんだなと感じます。

→【関連記事】甲斐拓也(ソフトバンク)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

 

メジャーに挑戦したい意向も示しており、豪速球とお化け変化球という強力な武器を持った千賀投手が世界で活躍する日も近いかもしれません。

まとめ

・千賀滉大投手の現在(2018年)の年俸は1億2500万円

・最高額は1億2500万円(2018年)

・ストレートの最速は157キロ

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!