[記事公開日]2018/08/21

菊池雄星(西武)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

西武ドームと菊池雄星の背番号

西武ライオンズのエース・菊池雄星(きくちゆうせい)投手。

西武投手陣の中で、唯一評価されている選手といっても過言ではない選手です。

メジャー活躍も期待される菊池雄星投手の年俸の推移を調べました。

スポンサーリンク

菊池雄星の年俸情報

菊池雄星投手の年俸推移は以下の通りです。

年度 推定年俸
2010年 1500万円
2011年 1500万円
2012年 2000万円
2013年 2300万円
2014年 4000万円
2015年 3800万円
2016年 5500万円
2017年 1億円
2018年 2億4000万円

菊池雄星投手の最新の年俸は2億4000万円です(2018年度)

 

2016年はケガでの離脱があったものの、先発ローテーション入り・二桁勝利(12勝)という結果を残したことが評価され、1億円を突破しています。

菊池投手は、花巻東高校時代からプロ、メジャー双方から注目されていた投手なので、意外と時間がかかったという印象が個人的にはあります。

 

2017年からは、それまで先発の中軸を担っていた岸孝之(きしたかゆき)投手が楽天に移籍したため、菊池投手が実質エース的存在となりました。

そんな菊池投手も2018年オフにはメジャーへの移籍が確実視されており、投手陣に不安を抱えるライオンズにとっては、投手陣の補強は急務だと思います。

 

先にメジャーに移籍して大活躍している大谷翔平選手は、菊池雄星投手と同じ花巻東高校の後輩。

先輩・後輩対決も期待されます。

 

メジャーからは日本屈指の投手と評価されています。

しかし、菊池投手は好不調の波が激しく、崩しやすい傾向も見られます。

打ち込まれるとピッチングを立て直すことができず、大量失点を食らう場面も・・・

 

このメンタルの弱さが懸念点と言われているので、ゲームの立て直しは今後の課題になると思います。

これに関しては菊池投手にも当てはまります。

2018年、ライオンズが1位をキープしている理由は打撃の好調さがあるからです。

スポンサーリンク

投手陣のパ・リーグの成績は最下位。

通常であれば、リーグ首位は程遠い成績です。

それくらい打撃陣が打って打って打ちまくっている状況と言えます。

 

打撃陣に関しても他球団移籍が濃厚とされる選手がいるため、投手陣が崩れているライオンズの戦いは、今後厳しいものになることが予想されます。

その一人が3番を打つ浅村選手です。
→ 浅村栄斗(西武)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

 

ここで、エース菊池雄星投手の球種を見てみましょう!

菊池雄星の球種は?

菊池雄星投手は、

・ストレート

・スライダー

・カーブ

・シュート

・チェンジアップ

を扱いますが、投球の80%以上はストレートとスライダーです。

カーブの割合が10%程度なので、チェンジアップやシュートを投げるのは稀だと思います。

ストレートのMAXは158キロを記録。

 

投げる球種が少ないことに関して、変化球が増えると制球が難しくなることを挙げています。

メジャー移籍を視野に入れている菊池投手にとっては、新たな武器となる変化球も必要になってくるのではないかと思います。

まとめ

・菊池雄星投手の現在(2018年)の年俸は2億4000万円

・最高額は2億4000万円(2018年)

・ストレートの最速は158キロ

【ライオンズの関連記事】山川穂高(西武)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

 

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!