[記事公開日]2018/08/14

菊池涼介(広島)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

マツダスタジアムと菊池涼介の背番号

カープの不動の2番打者として活躍する菊池涼介(きくちりょうすけ)選手。

1年目以外はゴールデングラブ賞を受賞していて、セカンドの守備にも定評のある選手です。

そんな菊池涼介選手の年俸の推移について調べました。

スポンサーリンク

菊池涼介の年俸情報

菊池涼介選手の年俸推移は以下の通りです。

年度 推定年俸
2012年 1000万円
2013年 1500万円
2014年 3900万円
2015年 8500万円
2016年 8500万円
2017年 1億4500万円
2018年 1億9000万円

菊池涼介選手の最新の年俸は1億9000万円です(2018年度)

 

菊池選手は一時期、推定年俸3900億というニュースで話題になった事があります。

これはプロ2年目・2013年のシーズンオフでの出来事。

そのニュースでは、「年俸3900億円(推定)↑ 2400万円UP」とのテロップが表示されました。

 

3900億ってヤバいですよね^^;

それまでのプロ野球の過去最高年俸は、

・日本人は大魔神・佐々木主浩の6億5000万円

・外国人助っ人ではペタジーニの7億2000万円

その差は500倍以上もあり、異常な金額に誰もが驚くはずです。

 

もちろんですが、これはテレビ側のテロップミス。

3900億という事実はありません。

 

でも仮に年俸3900億だとしたら、2年目の年俸は3899億7600万円貰ってることになります。

これも凄まじい金額^^;

この件は菊池選手をイジるネタの一つとなっています 笑

 

また、元の金額が金額(3899億7600万円)なので、

「ゴールデングラブ賞を獲った男がたった2400万円の昇給っておかしくない??」

といったネットでの議論も交わされるなど話題となりました。

正しい金額は、「3900億円」ではなく「3900万円」です。

スポンサーリンク

そんな菊池選手ですが、高校時代まではあまり知られていない選手でした。

東京の出身で、高校は長野県の武蔵工業大学第二高校(現・東京都市大学塩尻高校)に野球留学。

この高校は、1度だけ甲子園出場経験があります。

しかし全国的に名の通った高校ではありません。

 

野球留学で選んだ理由には、長野県の自然環境もあったようです。

菊池選手は喘息(ぜんそく)持ちで、中学まで喘息に悩まされたといいます。

しかし、高校生になった時には喘息が改善。

空気が綺麗だったことが好影響したようです。

 

その後進学した岐阜・中京学院大学も自然に囲まれた土地。

野球に集中でき、実力も大学に入ってからはメキメキと伸びたようです。

プロのスカウトからは当時の中日・井端のようになれると評され、ドラフト会議で広島から2位指名を受け入団。

契約金は7000万円、年俸は1000万円です。

 

近年の広島東洋カープは、Aクラス常連チームというより優勝が当たり前という強さを見せています。

1番・田中広輔、2番・菊池涼介、3番・丸佳浩、4番・鈴木誠也という、ほぼ不動の最強打線も他チームにとっては脅威だと思います。

きっとカープの常勝ぶりはまだまだ続くのではないでしょうか。

【カープの関連記事】鈴木誠也(広島)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

まとめ

・菊池涼介選手の現在(2018年)の年俸は1億9000万円

・最高額は1億9000万円(2018年)

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!