[記事公開日]2018/08/15

浅村栄斗(西武)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

西武ドームと浅村栄斗の背番号

西武ライオンズのキャプテンとしてチームを牽引する浅村栄斗(あさむらひでと)選手。

FA権を取得した浅村選手の獲得に必死になる他球団も多いほど、チームの軸になる選手です。

そんな浅村栄斗選手の年俸の推移について調べました。

スポンサーリンク

浅村栄斗の年俸情報

浅村栄斗選手の年俸推移は以下の通りです。

年度 推定年俸
2009年 600万円
2010年 600万円
2011年 750万円
2012年 2400万円
2013年 3500万円
2014年 8600万円
2015年 7800万円
2016年 1億円
2017年 1億5500万円
2018年 2億1000万円

浅村栄斗選手の最新の年俸は2億1000万円です(2018年度)

 

2017年オフの契約更新で、西武側は複数年契約を提示したようですが、本人は単年契約を申し出ています。

これは、自分にプレッシャーをかけたいというのが理由だそうです。

結果を出せば年俸はアップ、結果を出さなければ翌年の年俸はダウンします。

 

ただ、それ以外にFA権を行使するためという見方もあります。

浅村選手は2018年にFA権を取得。

複数年契約をすればFA権の行使は難しいですが、単年契約にしておけばFA権は行使しやすいです。

 

ですから、浅村選手が2018年オフに西武を出て行くのでは?と不安を感じている西武ファンも多いようです。

仮に移籍の場合、

・ソフトバンク

・巨人

・阪神

・オリックス

が獲得に動くのではないかと言われています。

残留にしても移籍にしても、2018年オフの1番注目が集まると思います。

スポンサーリンク

浅村選手は、大阪の強豪・大阪桐蔭の出身。

1番打者として甲子園優勝に導いた立役者でもあります。

そんな選手にも関わらず、ドラフトでは西武から3位指名されるまで指名なし。

 

どうして3位なの??と思っている人も多いようです。

浅村選手の実力と甲子園での活躍ぶりを考えると1位でもおかしくないですが、ドラフトでは高校生投手や大学生・社会人の即戦力を真っ先に取る傾向があります。

特に即戦力になる投手はどの球団も欲しいので、高校生野手の浅村栄斗選手は3位まで指名されなかったのではないかと思います。

ですから、西武としても浅村選手を獲得できたのは運良すぎです^^;

 

ちなみにこの年のライオンズの1位は、日南学園で活躍した中崎雄太投手。(現在は社会人野球チームでプレー)

広島東洋カープの守護神・中崎翔太投手の兄です。

【関連記事】中崎翔太(広島)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

 

2位はFAで巨人に移籍した野上亮磨投手です。
→ 野上亮磨(巨人)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

まとめ

・浅村栄斗選手の現在(2018年)の年俸は2億1000万円

・最高額は2億1000万円(2018年)

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!