[記事公開日]2018/08/07
[最終更新日]2018/08/12

阿部慎之助(巨人)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

東京ドームと阿部慎之助の背番号

ジャイアンツの正捕手として絶対的な地位を築いた阿部慎之助(あべしんのすけ)選手。

新人で開幕スタメン捕手という異例の出場を果たすと、レギュラーに定着してジャイアンツを引っ張ってきました。

契約金は10億円とも言われている阿部慎之助の年俸の推移について調べました。

スポンサーリンク

阿部慎之助の年俸情報

阿部慎之助の年俸推移は以下の通りです。

年度 推定年俸
2001年 1300万円
2002年 3800万円
2003年 7800万円
2004年 7500万円
2005年 1億2000万円
2006年 1億4000万円
2007年 1億4000万円
2008年 2億4000万円
2009年 2億7000万円
2010年 3億5000万円
2011年 4億円
2012年 4億円
2013年 5億7000万円
2014年 6億円
2015年 5億1000万円
2016年 3億2600万円
2017年 2億6000万円
2018年 2億1000万円

阿部慎之助の最新の年俸は2億1000万円です(2018年度)

 

阿部選手は千葉県の出身で、高校は東京の安田学園に進学。

甲子園出場経験はありませんが、攻守ともに成績を残していて、特に左右に打ち分けるバッティングには高校時代から定評があったようです。

 

大学は中央大学に進学。

大学生の時に行われたシドニーオリンピックの代表選手にも選ばれています。

 

大学時代には捕手以外のポジションを勧められものの、頑なに断ったとか・・・

捕手ならではの試合をリードする面白さ、学びが多いポジションというのが大きかったのではないでしょうか。

 

2000年のドラフト会議では、逆指名ドラフト1位で巨人に入団。

データ上では推定年俸1300万円、契約金は1億円という契約を交わしています。

しかし、本当の契約金は10億だったそうです。

スポンサーリンク

かつての巨人は、大型ルーキー獲得のために巨額の金を積んでいました。

巨人の監督・高橋由伸を獲得する際は、60億積んだと言われています。

 

また、2004年には金銭の授受問題が大きなニュースとなり、「一場事件」が記憶に新しい人も多いのではないでしょうか。

一場事件は、明治大学の一場靖弘投手に対して巨人が栄養費名目でお金を渡していたことが発覚し、入団白紙と野球部退部にまで発展した事件です。

この問題では、横浜、阪神もお金を渡していたことが分かっています。

 

これを機に、プロ野球ではドラフト制度改革が行われ、後に逆指名権が廃止されています。

くじ引きによる運とは違い、憧れだった球団で野球する夢が叶える逆指名は個人的にはやって良いと思いますが、公平なドラフトを行うためには仕方のないことなのかもしれませんね。

 

巨人のエース・菅野智之投手は、巨人と両思いでしたが日ハムが強行指名し、野球留年を余儀なくされています。

菅野投手に対する批判もありますが、選手が球団を指名しているなら、その気持ちも汲んであげて欲しいなと思います。

 

ルーキー時代から正捕手を張ってきた阿部選手は、2013年に6億円を達成。

この記録はジャイアンツ歴代2位です。

最高額は、松井秀喜の6億1000万円。

巨人のエース・菅野智之投手なら、この記録を抜く可能性はあると思います。
→ 菅野智之(巨人)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

まとめ

・阿部慎之助選手の現在(2018年)の年俸は2億1000万円

・最高額は6億円(2014年)

 

阿部慎之助の後継捕手・小林誠司選手が阿部選手との差をどれだけ埋めるのかも注目です。
→ 小林誠司(巨人)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

 

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!