[記事公開日]2018/07/26
[最終更新日]2018/08/01

又吉克樹(中日)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

ナゴヤドームと又吉克樹の背番号

先発から中継ぎ、抑えまでこなす中日ドラゴンズの又吉克樹(またよしかつき)投手。

中日のコーチも又吉が投げると勝てる雰囲気があると言っているほどで、明るく頼りになる存在のピッチャーです。

そんな又吉克樹投手の年俸の推移について調べました。

スポンサーリンク

又吉克樹の年俸情報

又吉克樹投手の年俸推移は以下の通りです。

年度 推定年俸
2014年 840万円
2015年 4000万円
2016年 4500万円
2017年 5000万円
2018年 8800万円

又吉克樹投手の最新の年俸は8800万円です(2018年度)

 

840万円からスタートしましたが、1年目の活躍が大きく評価され4000万円にアップ。

現在は8800万へと推移しています。

 

2018年の活躍次第では、2019年の報酬は1億円台に乗る可能性も十分にあると思います。

 

順調に結果を残している又吉投手ですが、実はここまで表舞台での活躍の機会には恵まれませんでした。

高校生の時は、甲子園出場経験もなくセカンドの控え選手だったそうです。

 

しかし大学に進学すると、体つきの変化で身長が10cm近くも伸びたとか・・・

高校生から大学生の間に10cmも伸びるなんて、めったにないことだと思うので、何か特別なトレーニングをしていたのかもしれませんね!

その体つきも功を奏して、110キロ台だったストレートはMAX138キロとなり、2年生の時には中国地方の六大学野球リーグで「防御率1位」を獲得しています。(大学は岡山県の環太平洋大学)

しかしチームの力及ばず、敗戦投手の回数のほうが多くつく結果に。

 

この時点ではプロの道は遠く、独立リーグのトライアウトを受験。

香川オリーブガイナーズへ入団しました。(2013年)

 

MAX148キロのストレート、スライダーを武器として、入団1年目にも関わらず、エースとして活躍。

香川での活躍がプロチームのスカウトの目に止まったことをきっかけに、プロからの注目を集めることになりました!

 

その年のドラフト会議で中日ドラゴンズから2位指名を受け入団。

年俸840万円、契約金6000万円という契約を交わしています。

 

また、又吉投手が2014年シーズンオフの契約更新で、2年で給料が50倍になったとスポーツ紙などで話題となりました。

ということは、独立リーグ時代は年収80万だったということになります。

80万から4000万円の飛躍は、独立リーグからプロを目指している選手の大きな刺激だと思います。

すごい選手が出てくるんじゃないかと思うとワクワクしますね!

 

つづいて又吉克樹投手の球種について見てみましょう!

スポンサーリンク

又吉克樹の球種は?

又吉投手は「ストレート」と「スライダー」を主に扱い、それ以外の変化球としては、

・カットボール

・シュート

・シンカー

・チェンジアップ

を操るピッチャーです。

こちらはブルペンでのピッチング練習の様子です。

サイドスローから放たれるストレートはMAX152キロ。

ノビがあるだけでなく、コントロールがずば抜けて良いため、岩瀬仁紀投手のような守護神としての役割も期待されています。

【関連記事】岩瀬仁紀の年俸の推移は?現在の最新の金額がいくらか調べて見た!

 

年々、進化を遂げている又吉克樹投手の億突破は、すぐ目の前と言っても過言ではないのかもしれませんね。

まとめ

・又吉克樹投手の現在(2018年)の年俸は8800万円

・最高額は8800万円(2018年)

・ストレートの最速は152キロ

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!