[記事公開日]2018/07/25
[最終更新日]2018/08/01

岩瀬仁紀の年俸の推移は?現在の最新の金額がいくらか調べて見た!

ナゴヤドームと岩瀬仁紀の背番号

中日ドラゴンズの頼れる守護神と言えば岩瀬仁紀(いわせひとき)投手を思い浮かべる方は多いと思います。

日本のプロ野球選手の中で、最多登板、最多セーブという記録も持っています。

ここでは、岩瀬仁紀投手の年俸の推移や今の最新の金額を調べました。

スポンサーリンク

岩瀬仁紀の年俸情報

岩瀬仁紀投手の年俸推移は以下の通りです。

年度 推定年俸
1999年 1300万円
2000年 4200万円
2001年 8000万円
2002年 1億500万円
2003年 1億4000万円
2004年 2億円
2005年 2億3000円
2006年 3億500万円
2007年 3億8000万円
2008年 4億3000万円
2009年 4億3000万円
2010年 4億3000万円
2011年 4億3000万円
2012年 4億5000万円
2013年 3億7000万円
2014年 3億7000万円
2015年 3億円
2016年 5000万円
2017年 5000万円
2018年 7500万円

岩瀬仁紀投手の最新の年俸は7500万円です(2018年シーズン現在)

1300万円から始まり、順調に推移して1億円プレーヤーに上り詰めました。

 

2005年には、シーズン最多セーブとなる46という記録を残し、2006年の年俸は3億円代をマークしています。

当時、46というセーブ数は歴代1位です。

その後ソフトバンクのサファテ投手が54を記録し塗り替えましたが、現在歴代2位の記録です。(2017年シーズン終了時点)

 

そして自己最高年俸は4億5000万円をマーク。

しかし年俸推移をよく見ると、2015年から2016年の差に驚くと思います。

 

3億円 → 5000万円(2億5000万円)の大幅ダウン。

通常ならあり得ないことです。

実はプロ野球の野球協約では、年俸に関して次のようなルールが定められています。

第92条 (参稼報酬の減額制限)

次年度選手契約が締結される場合、選手のその年度の参稼報酬の金額から以下のパーセンテ ージを超えて減額されることはない。ただし、選手の同意があればこの限りではない。その年 度の参稼報酬の金額とは統一契約書に明記された金額であって、出場選手追加参稼報酬又は試 合分配金を含まない。

(1)選手のその年度の参稼報酬の金額が1億円を超えている場合、40パーセントまでとす る。

(2)選手のその年度の参稼報酬の金額が1億円以下の場合、25パーセントまでとする。

引用元:日本プロフェッショナル野球協約2015

この野球協約の第92条(1)に従うと、1億円からの最大減額後の報酬は「6000万」です。

なので、前年の契約更新で「3億円」だった岩瀬投手は最低でも「1億8000万円」の報酬がなければなりません。

 

一見矛盾していますが、協約には「ただし、選手の同意があればこの限りではない。」との記載があるのです。

つまり球団が5000万円を提示し、岩瀬投手が同意したということです。

 

岩瀬投手は、なぜこの契約にサインしたのでしょうか?

それは、2015年シーズンの一軍での登板数が大きく影響していると思います。

 

この年は、開幕前から左ひじにケガを抱えていて、二軍スタートを切りました。

そして結果的に一軍での登板は0でした。

球団も一軍登板のない選手に「億」という金額を提示できないという判断に至ったんではないでしょうか。

 

2億5000万円という大幅のダウンには苦しい葛藤があるはずです。

しかし、それを受け入れてサインした岩瀬投手はカッコいいなと思います。

スポンサーリンク

ピッチャーの最高年俸は?

岩瀬投手の4億5000万円という記録は、中日ドラゴンズに在籍した選手の中では最高記録です。

未だに誰にも敗れていません。(2017年シーズン終了時点)

 

では、プロ野球の投手の中での最高年俸はいくらなのでしょうか?

答えは「6億5000万円」です。

 

ハマの大魔神と呼ばれた横浜ベイスターズの佐々木主浩(ささきかづひろ)さんがこの年収を記録しています。

佐々木投手も抑え投手でした。

 

先発投手を見ると、田中将大投手が4億円(楽天時代)、ダルビッシュ有投手が5億円(日本ハム時代)をマークしています。

 

抑え投手は、9回の1イニング登板だけということも多いので、トータルのイニング数は先発投手と比べても少ないです。

もちろん登板回数(日数)が多いということもありますが、抑え投手が重要な役割を担っていることが、報酬から読み解くことができますね。

岩瀬投手は、平均して1シーズン50〜60試合に登板しています。(ちなみに先発投手は多くても30試合程度の登板)

 

2018年で44歳になる岩瀬仁紀さんが、自身のセーブ記録を伸ばし、また1億円台に乗るか注目です。

まとめ

・岩瀬仁紀投手の現在(2018年)の年俸は7500万円

・最高額は4億5000万円(2012年)

【ドラゴンズの関連記事】松坂大輔(中日)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

 

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!