[記事公開日]2018/08/21

平田良介(中日)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

ナゴヤドームと平田良介の背番号

中日の生え抜き選手で、ドラゴンズ一筋でチームを支えてきた平田良介(ひらたりょうすけ)選手。

試合ごとに打順が変わっても順応する適性がある選手です。

そんな打撃好調の平田良介選手の年俸の推移を調べました。

スポンサーリンク

平田良介の年俸情報

平田良介の年俸推移は以下の通りです。

年度 推定年俸
2006年 840万円
2007年 800万円
2008年 900万円
2009年 1600万円
2010年 1600万円
2011年 1200万円
2012年 3000万円
2013年 2900万円
2014年 3500万円
2015年 4700万円
2016年 7000万円
2017年 1億2000万円
2018年 1億2000万円

平田良介の最新の年俸は1億2000万円です(2018年度)

 

平田選手は、大阪桐蔭から高校生ドラフト1位で中日に入団。

徐々に成績を伸ばすと共に年俸もアップしています。

 

2016年オフには、5年6億の大型契約で更新。

FA権を行使せず、大型契約を結んだことは、中日一筋でやっていくという意思の現れなのかもしれません。

 

2018年はシーズン後半になるにつれて成績を伸ばし、首位打者争いをするほど好成績を残しています。

本来なら年俸の大幅アップは確実的です。

しかし、現在のドラゴンズの方針においては難しいかもしれません。

今の方針では、基本的に大幅なダウンを行わない代わりに、大幅アップもしないようになっています。

 

これは2013年に中日の元監督・落合博満氏がGMに就任した際に行われた年俸一斉減額の措置の反動です。

多くの選手が大幅な減額をされました。

落合氏は、独自のやり方で中日をAクラス常連に押し上げた人ですが、このやり方には反対意見も多数見られました。

スポンサーリンク

特に影響を受けたのは、井端弘和ではないかと思います。

アライバコンビとして、荒木選手と共にセカンド・ショートで6年連続ゴールデングラブ賞を受賞しているドラゴンズの功労者。

成績不振もあるものの、1億9000万円から3000万円に大幅減額されました。

 

さすがに井端選手は激怒。

キャンプをボイコットし音信不通状態にもなりました。

その後、巨人に移籍しています。

 

落合GMが就任した際、背番号変更を求められた平田選手が希望したのは「6」です。

これは井端選手が付けていた背番号。

平田選手の意図は定かではありませんが、落合GMに不服を示した形とも受け取ることができます。

 

2016年に落合GMが退任後、球団側は年俸の方針を見直して、大幅な増減がない今の方針となりました。

ですから、平田選手も大きな年俸アップは難しいかもしれません。

 

そんな球団の方針があっても、FA権を行使せず中日と5年契約を結んだことを考えると、中日一筋でやって行く覚悟を示したのではないかと思います。

まとめ

・平田良介選手の現在(2018年)の年俸は1億2000万円

・最高額は1億2000万円(2017年、2018年)

【ドラゴンズの関連記事】大島洋平(中日)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

 

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!