[記事公開日]2018/09/05

新井貴浩(広島)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

マツダスタジアムと新井貴浩の背番号

2018年シーズンでの引退を表明した新井貴浩(あらいたかひろ)選手。

広島、阪神でリーグ優勝に貢献してきた20年のベテラン・新井貴浩選手のこれまでの年俸の推移を調べました。

スポンサーリンク

新井貴浩の年俸情報

新井貴浩選手の年俸推移は以下の通りです。

年度 推定年俸 球団
1999年 600万円 広島東洋カープ
2000年 800万円
2001年 1500万円
2002年 2200万円
2003年 4500万円
2004年 4000万円
2005年 3800万円
2006年 8800万円
2007年 1億2300万円
2008年 2億円 阪神タイガース
2009年 2億円
2010年 2億円
2011年 2億円
2012年 2億5000万円
2013年 2億5000万円
2014年 2億円
2015年 2000万円 広島東洋カープ
2016年 6000万円
2017年 1億1000万円
2018年 1億1000万円

新井貴浩選手の最新の年俸は1億1000万円です(2018年度)

 

広島工業から駒澤大学に進学し、1999年のドラフト会議で広島から6位指名で入団。

ドラフト前には当時広島の1番打者だった野村謙二郎の自宅に乗り込み、スイングを披露しアピールしたそうです。

 

結果的に野村謙二郎が推薦に回った事や大学側の根回しなどで、指名に至ったとも言われています。

当時はドラフト対象外の選手だったようですが、広島、阪神でのプロ生活で3番・4番・5番のクリーンナップを務め中心選手となりました。

スポンサーリンク

広島をFAで離れる際は、涙ながらに会見。

カープが好きだけど、厳しい環境に身を置きたいと2008年から阪神へ移籍。

カープの先輩でずっと慕ってきた金本の存在が大きかったんだと思います。

 

しかし、阪神との交渉が折り合わず、2015年に広島に出戻り。

これに関しては、広島ファンからはかなり冷たい意見も見られました。

野村謙二郎、前田智徳、緒方孝市など、広島にはFA権を行使せず残った選手がいます。

ですから、ファンからすると「何をいまさら」という空気感が強かったようです。

 

阪神から自由契約となった新井選手は、古巣・広島から1/10となる2000万円が提示され即座に受け入れました。

後がない状態でしたが、4番打者として結果を出し、1億円プレイヤーに復活するまでに。

 

地道な活躍はファンの心を振り向かせたのではないかと思います。

引退会見でも「ファンを喜ばせてあげることが今年はできていない。悲しませるのは申し訳ない。これからのカープのことを考えると、今年がいいんじゃないかと考えた」と述べました。

今後に関しては、金本監督率いる阪神でコーチ・・・という事にはならないだろうと思います。

これまでの経緯から考えれば、カープしか選択肢はないでしょう。

来季の動向にも注目が集まりそうです。

 

新井選手は20年という節目で引退を表明しましたが、2018年現在で20年を超える現役選手は次の通りです。

チーム 年数 年齢
福浦和也 ロッテ 25年 42歳
荒木雅博 中日 23年 40歳
新井貴浩 広島 20年 41歳
實松一成 日ハム 20年 37歳
岩瀬仁紀 中日 20年 43歳

岩瀬仁紀投手に関しては、自身の持つ通算最多セーブ記録をどこまで更新するかも注目です。
→ 岩瀬仁紀の年俸の推移は?現在の最新の金額がいくらか調べて見た!

まとめ

・新井貴浩選手の現在(2018年)の年俸は1億1000万円

・最高額は2億5000万円(2012年、2013年)

【カープの関連記事】丸佳浩(広島)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

 

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!