[記事公開日]2018/09/05

東克樹(横浜)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

横浜スタジアムと東克樹の背番号

横浜DeNAの実質的なエースと言っても過言ではない活躍を見せる東克樹(あずまかつき)投手。

チームの先発投手陣の中で勝率トップをとり、球界から一目置かれるピッチャーです。

そんな東克樹投手の年俸の推移を調べました。

スポンサーリンク

東克樹の年俸情報

東克樹投手の年俸推移は以下の通りです。

年度 推定年俸
2018年 1500万円

東克樹投手の最新の年俸は1500万円です(2018年度)

 

東投手は1年目のルーキーながら、先輩たちを抑えてチームトップの成績を残しています。

もちろん、入団前の立命館大学時代から注目されていましたが、横浜が単独1位指名を獲得。

横浜での活躍ぶりを見て、他球団スカウトは「後悔先に立たず」状態なんだそうです。

 

東投手がドラフトにかかった2017年は、注目選手の争奪戦が繰り広げられました。

・清宮幸太郎(早稲田実業 → 日ハム)

・中村奨成(広陵 → 広島)

・田嶋大樹(JR東日本 → オリックス)

争奪戦が繰り広げられた主な選手はこの3名ですが、外れ1位も複数の球団が被る事態に・・・

ソフトバンクは運悪く3人も外してしまいました。

 

11球団による争奪戦が行われる中、横浜だけは東克樹を指名し、単独で交渉権を獲得しています。

東投手自身も、清宮選手に指名が集中すると思っていたようで、指名直後はしばらく表情が硬く、困惑した状態だったようです。

 

契約金1億円、年俸は1500万円。1年目における最高額。

最高額ではありますが、この金額で契約するルーキーは案外多いです。

またインセンティブとして、出来高5000万円が条件に付く選手もいます。

 

ちなみに、1年目から2年目で一番大幅アップを実現したのは、ソフトバンクの和田毅(わだつよし)投手、続いて松坂大輔投手、菅野智之投手です。

1年目 2年目 差額
和田毅 1500万円 8000万円 6500万円UP
松坂大輔 1300万円 7000万円 5700万円UP
菅野智之 1500万円 7000万円 5500万円UP

新人王に最も近いと言われる東投手がどれほどアップするのかも注目です!

スポンサーリンク

東投手の試合中の特徴として、試合中にベンチでバナナを食べることも知られています。

テニスやゴルフでは目にしますが、野球ではあまり見られない光景ではないでしょうか。

先輩たちがいる中で、気にせずもぐもぐ食べられる図太さも大物ですね。

 

これは立命館大学時代からの習慣で、栄養補給のために食べているそうです。

バナナは、汗で失ったミネラルを手早く摂取することができ、運動中以外にも様々なメリットがあるのでオススメの食材です。
→【関連記事】寝る前のバナナは太るは嘘?5つの効果で超健康に!?

 

続いて、No.1左腕と呼ばれる東克樹投手の球種について見てみましょう!

東克樹の球種は?

・ストレート

・ツーシーム

・カーブ

・スライダー

・チェンジアップ

MAX151キロのストレートを武器に持ちますが、それだけなく変化球のコントロールの良さもウリです。

低めに球を集めることができる制球力も抜群。

 

特にチェンジアップが優れています。

ストレートと変わらないフォームから120キロ台の球を投げることができます。

150キロと120キロ。同じフォームで、これだけの球速差があればプロでも簡単に打つことは難しいと思います。

まとめ

・東克樹投手の現在(2018年)の年俸は1500万円

・最高額は1500万円(2018年)

・ストレートの最速は151キロ

【ベイスターズの関連記事】今永昇太(横浜)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

 

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!