[記事公開日]2018/09/12

雄平(ヤクルト)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

神宮球場と雄平の背番号

高校生No.1左腕からヤクルトの主軸打者へと変貌を遂げた雄平(ゆうへい)選手。

プロ15年のベテランは、大きな決断でバッターとして開花した選手です。

そんな雄平(本名:高井雄平)選手の年俸の推移を調べました。

スポンサーリンク

雄平の年俸推移

雄平選手の年俸推移は以下の通りです。

年度 推定年俸 球団
2003年 1200万円 ヤクルトスワローズ
2004年 1900万円 ヤクルトスワローズ
2005年 1800万円 ヤクルトスワローズ
2006年 2000万円 東京ヤクルトスワローズ
2007年 1700万円 東京ヤクルトスワローズ
2008年 2200万円 東京ヤクルトスワローズ
2009年 1750万円 東京ヤクルトスワローズ
2010年 1400万円 東京ヤクルトスワローズ
2011年 1350万円 東京ヤクルトスワローズ
2012年 1350万円 東京ヤクルトスワローズ
2013年 1550万円 東京ヤクルトスワローズ
2014年 1250万円 東京ヤクルトスワローズ
2015年 6000万円 東京ヤクルトスワローズ
2016年 6500万円 東京ヤクルトスワローズ
2017年 7000万円 東京ヤクルトスワローズ
2018年 6000万円 東京ヤクルトスワローズ

雄平選手の最新の年俸は6000万円です(2018年度)

 

高井雄平選手は神奈川の出身で、宮城の東北高校に野球留学しています。

2年生の時にはエースとして甲子園出場を経験。

 

MAX151キロのストレートと、打者として高校通算36本のホームランも放っており、投打ともに注目される選手でした。

3年生の時には甲子園出場は叶いませんでしたが、能力の高さが評価され、近鉄とヤクルトから1位指名。

交渉権を獲得したヤクルトと契約金1億円、年俸1200万円で契約を交わしました。

 

東北高校3年生の時、1年生にいたのはダルビッシュ有投手です。

ダルビッシュ投手も野球留学で来た選手です(大阪出身)

 

雄平投手は、ダルビッシュ投手の教育係を担当していた人物でもあります。

そんな雄平投手は、監督やコーチが「止めないヤバい」と心配するほど練習熱心で、その姿にはダルビッシュ投手も尊敬していたといいます。

スポンサーリンク

プロ入り後は将来のエースとして期待されますが、プロの厳しさを痛感されられる状況となってしまいました。

相手から分析され、プロでは通用しない投手になってしまったのです。

 

雄平投手の課題は、コントロールの悪さでした。

四死球と暴投を連発し、プロでは話にならない状態だったといいます。

ただ、本人は投手としての再起を望み、練習に励んでいたようです。

 

しかし、監督・コーチから見たら投手としては無理と判断。

一方で、高校通算36本という記録もあるように、打者としての潜在能力に着目され、二軍監督から「打者やってみないか」と声をかけられたようです。

 

かなり迷ったようですが、2009年のシーズン終了後に野手に転向することを決意。

持ち前のひたむきさで、並々ならぬ努力をしてきたようです。

 

野手転向後にも怪我による長期離脱がありましたが、2014年から開幕一軍を奪取。

4番・5番の主軸を打つ存在へと変貌を成し遂げたのです。

 

その2014年は、年俸は1000万円台から6000万円に大幅アップ。

野手として再起を果たしたシーズンとなりました。

 

ヤクルトはベテラン勢がスタメンを占めていて、山田哲人のような若手の台頭が課題と言われています。

しかし、雄平選手をはじめ、坂口智隆、青木宣親、バレンティンという30代中盤のベテラン勢の躍進にも期待がかかりそうです。

まとめ

・雄平選手の現在(2018年)の年俸は6000万円

・最高額は7000万円(2017年)

【スワローズの関連記事】坂口智隆(ヤクルト)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!