[記事公開日]2018/09/12
[最終更新日]2018/09/14

牧原大成(ソフトバンク)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

福岡ドームと牧原大成の背番号

育成枠5位から支配下登録され、一軍のレギュラーへと定着しつつあるソフトバンクの牧原大成(まきはらたいせい)選手。

昇格当初の活躍ぶりにラッキーボーイとの声もありましたが、その結果は実力であったことを結果で証明している選手です。

ホークスの正二塁手の座を掴むであろう牧原大成選手の年俸の推移を調べました。

スポンサーリンク

牧原大成の年俸推移

牧原大成選手の年俸推移は以下の通りです。

年度 推定年俸 球団
2011年 270万円 福岡ソフトバンクホークス
2012年 440万円 福岡ソフトバンクホークス
2013年 640万円 福岡ソフトバンクホークス
2014年 700万円 福岡ソフトバンクホークス
2015年 1000万円 福岡ソフトバンクホークス
2016年 1300万円 福岡ソフトバンクホークス
2017年 1300万円 福岡ソフトバンクホークス
2018年 1200万円 福岡ソフトバンクホークス

牧原大成選手の最新の年俸は1200万円です(2018年度)

牧原選手は、熊本・城北高校出身。

牧原選手自身の甲子園出場経験はありませんが、1年生の時に城北高校は甲子園出場している高校です。

とはいえ、熊本県大会ではチームは上位の成績を残し、個人としても打率を残しています。

 

牧原選手は、2010年のドラフト会議で、ソフトバンクから育成枠5位で指名。

育成枠とは、将来有望な選手を育成する制度です。

 

一軍・二軍の支配下登録選手は70人ですが、育成枠に人数制限はありません。

近年、育成選手が増えているため、巨人、広島、ソフトバンクは「三軍」を設置しているほどです。

スポンサーリンク

育成選手の最低年俸は240万円で契約金はありません。

その代わり、支度金として300万円が支払われます。

 

牧原選手も当初、270万円という年俸でソフトバンクの育成選手になりました。

この年、ソフトバンクは育成選手を6人獲得しています。

 

育成枠1〜3位の選手は、一軍に出場することなく引退。

しかし4〜6位の3人は、現在ソフトバンクのレギュラーとして飛躍しています!

その選手とは、千賀滉大(せんがこうだい)投手と、甲斐拓也(かいたくや)捕手です。

→【関連記事】千賀滉大(ソフトバンク)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

 

千賀投手は先発ローテーション入り、甲斐選手は正捕手の座についています。

もともと、千賀投手は育成4位、甲斐選手は育成6位だった選手です。

育成出身の同期3人が、一軍の主力として活躍している現実・・・3人の努力もさることながら、ソフトバンクホークスの先見の明も凄いと思います。

 

牧原選手が本格的にスタメンについたのは2018年シーズン中盤ですが、千賀投手と甲斐選手はそれ以前のシーズンから活躍していました。

同期で一人だけ同じフィールドに立ててない悔しさも大きな原動力になったそうです。

 

ソフトバンクの二塁手争いが激しく、正二塁手を固定できていませんでしたが、その争いを制しつつある牧原大成選手。

2019年以降も大きな活躍が期待されます。

まとめ

・牧原大成選手の現在(2018年)の年俸は1200万円

・最高額は1300万円(2016年、2017年)

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!