[記事公開日]2018/08/22

宮崎敏郎(横浜)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

横浜スタジアムと宮崎敏郎の背番号

独特なバッティングフォームが特徴的な横浜DeNAの宮崎敏郎(みやざきとしろう)選手。

あまり目立った選手ではなかったですが、首位打者を獲得し一躍有名選手となりました。

美しい打球を放つと評価される宮崎敏朗選手の年俸の推移を調べました。

スポンサーリンク

宮崎敏郎の年俸情報

宮崎敏郎選手の年俸推移は以下の通りです。

年度 推定年俸
2013年 850万円
2014年 950万円
2015年 850万円
2016年 1200万円
2017年 3000万円
2018年 8000万円

宮崎敏郎の最新の年俸は8000万円です(2018年度)

 

宮崎選手が活躍し始めたのは、2015年シーズン後半です。

2016年からはスタメンからの出場が増えています。

 

打順は、横浜DeNAベイスターズの絶対的4番打者・筒香嘉智(つつごうよしとも)の前後を打っていました。

しかし、ラミレス監督は「筒香嘉智との勝負を余儀なくされるほどの打者を5番に据える必要がある」と述べており、この5番に抜擢されたのが宮崎選手のようです。

 

筒香選手は敬遠されることが多く、2017年は四球がシーズン最多を記録しています。

その度に、横浜DeNAファンからのブーイングが起きる場面も多数見られます。

こんな状況だったので、4番打者になりうる5番打者の配置が急務だと感じたんだと思います。

 

実際、宮崎選手は2017年からはほぼ5番に定着。

期待に応えて結果を残し、セ・リーグの首位打者まで獲得するプレイヤーに登りつめています。

宮崎選手の能力を見抜いて適用したラミレス監督の功績も大きいですね!

 

2018年も首位打者争いをしているので、年俸1億円突破も近いのではないかと思います。

スポンサーリンク

男らしい髭も特徴で、「ハマのプーさん」という可愛らしいあだ名も付いている宮崎選手。

少しぽっちゃりした体型が、くまのプーさんに似ていることから名付けられたそうです。

本人は、それがキッカケで子供たちに名前を知ってもらって、真似してもらえたら嬉しいと快く受け入れています^^;

 

また、料理が好きで、得意料理はハンバーグなんだとか・・・

抱き枕も使っているようです。

なんと、女子力高めの選手なんでしょうか 笑

プーさんのような可愛らしい要素をたくさん兼ね備えていますね!

 

バッティングフォームは、豪快なスイングが特徴的だった中村紀洋さんによく似ています。

中村紀洋のバッティング↓

宮崎敏郎のバッティング↓

二人は同じ時期に2軍落ちしています。

中村選手からは「いくらバッティングが良くても、それだけではダメだ」とアドバイスを受けたとのこと。

フォームが似ているのも中村紀洋さんの影響も少しはあると思います。

 

宮崎選手は「三振しない男」としても知られています。

500打席以上立って40回も三振しないため、三振率は1割を切っています。

通常、500打席も立てば、80〜100という数字も珍しくありません。

ですから、宮崎選手のバットに当てる技術は、他の選手には真似できない超越したスキルだと思います。

まとめ

・宮崎敏郎選手の現在(2018年)の年俸は8000万円

・最高額は8000万円(2018年)

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!