[記事公開日]2018/08/23

大和(横浜DeNA)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

横浜スタジアムと大和の背番号

守備職人と呼ばれ、阪神タイガースで一番守備が上手いと言われた大和(やまと)こと前田大和(まえだやまと)選手。

FA権行使を表明した際は、3球団による争奪戦が行われたほどの選手です。

横浜DeNAベイスターズでの戦いを選んだ大和選手の年俸の推移を調べました。

スポンサーリンク

大和の年俸情報

大和選手の年俸推移は以下の通りです。

年度 推定年俸 球団
2006年 480万円 阪神タイガース
2007年 480万円
2008年 500万円
2009年 550万円
2010年 1300万円
2011年 1500万円
2012年 1400万円
2013年 2400万円
2014年 4800万円
2015年 6500万円
2016年 5300万円
2017年 5000万円
2018年 1億円 横浜DeNAベイスターズ

大和選手の最新の年俸は1億円です(2018年度)

 

鹿児島・樟南高校(しょうなんこうこう)から高校生ドラフト4位で阪神に入団。

当時の阪神監督・岡田彰布さんが偶然見ていた甲子園の試合で、守備力に目を奪われ獲得したと言われています。

のちに大和選手は、阪神で一番守備が上手いと言われるほど、守備力に定評があります。

この守備を見ると、阪神は手放したくなかったでしょうね・・・

 

実際、FA権行使を表明した際、争奪戦に名乗りを上げた3球団は、次の額を提示しています。(金額は推定)

・阪神 → 4年契約、総額4億5000万円

・オリックス → 3年契約、総額3億円

・横浜 → 3年契約、年俸1億円

金銭面だけ見ると、阪神に残留するのが良かったですが、その阪神を断って横浜入りしています。

スポンサーリンク

大和選手が横浜を選んだ理由は諸説あります。

自身の話だと、レギュラーが確約されない真っさらな状態で挑戦したかったそうです。

阪神では、セカンド、ショート、外野というようにチームの人員の状況によって、様々なポジションをこなす便利屋でもありました。

守備職人としてどこでも守れる欠かせない存在です。

 

一方、オリックスに移籍した場合、レギュラーは確約されたようなものです。

そのため、ゼロからの争いとなる横浜へ移籍し、自分自身を追い込む選択をしたといいます。

 

他には、阪神でレギュラーになれる可能性はなかったという見解もあります。

阪神は、元メジャーリーガー・福留、そして2017年に加入した一流プレイヤー・糸井のベテラン勢。

そして高山俊、糸原健斗など頭角を現してきた若手選手。

 

金本監督はベテランと若手を使いたい考えがあるようです。

そのため、30歳の中堅に位置する大和選手の争える場所がないとの見方があります。

そうなると、レギュラー争いの土俵にすら乗れない可能性が濃厚です。

 

ですから、自分のことを知らない新天地で、ゼロからポジション争いができる条件がそろった横浜を選択したと見られています。

横浜では、ショートをメインとしてレギュラーを獲得しています。

打撃に関しては、2割5分前後で大きな援護ができていないため、守備評価が年俸額の大きな割合を占めているかと思います。

まとめ

・大和選手の現在(2018年)の年俸は1億円

・最高額は1億円(2018年)

【ベイスターズの関連記事】宮崎敏郎(横浜)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

 

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!