[記事公開日]2018/08/15
[最終更新日]2018/12/05

秋山翔吾(西武)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

西武ドームと秋山翔吾の背番号

超マジメなプロ野球選手として知られる埼玉西武ライオンズの秋山翔吾(あきやましょうご)選手。

シーズン最多安打の記録保持者です。

球界を代表する安打製造機・秋山翔吾選手の年俸の推移を調べました。

スポンサーリンク

秋山翔吾の年俸情報

秋山翔吾選手の年俸推移は以下の通りです。

年度 推定年俸
2011年 1200万円
2012年 1800万円
2013年 3500万円
2014年 6500万円
2015年 6200万円
2016年 1億5000万円
2017年 2億円
2018年 2億2000万円
2019年 2億3490万円

秋山翔吾選手の最新の年俸は2億3490万円です(2019年度)

2015年はシーズン最多安打216を記録。

元阪神のマートン(214)、元オリックスのイチロー(210)を塗り替えトップの座に。

年俸も6200万円から、1億5000万円に大幅アップしています。

 

現在のプロ野球に所属する他の現役選手では、ヤクルトの青木宣親選手が209という記録を持っています。
→ 青木宣親(ヤクルト)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

 

秋山選手はマジメな性格で、試合後にも練習を行うなど、人一倍努力をする選手として知られています。

このマジメさはテレビ出演した際にも、本音をあらわにして共演者から怖いと言われるほど。

 

それは始球式についての話題です。

秋山選手は一番バッターなので、始球式のバッターボックスに立たなければなりませんよね。

ピッチャーを務めるタレントさんはマジメに投げる人もいますが、ウケ狙いに走る芸人さんも当然います。

・持ちネタを披露したり

・牽制球だったり

・タイムをとったり

始球式はエンターテイメントの時間でもあるので、これはこれでファンを楽しませる大事な事だと思います。

 

しかし、「こんなところで駆け引きやっている場合じゃない」と秋山選手は少しイライラを感じているようです。

確かに試合に入る前に集中力を乱されると試合に影響しますし、秋山選手は首位打者争いをする打者。

人一倍気が張っていると思うので、秋山選手の言うことも正論ですよね・・・

 

野球ファン側から見れば、つまらない・寂しい気持ちを持つ人も多いと思いますが、選手の気持ちを考えれば仕方ないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

秋山選手のマジメさは他にもあります。

練習に関するインタビューなのですが、これがすごく勉強になる話なのでご紹介したいと思います。

「僕みたいに不器用で、いろいろやっておかないと不安でしょうがない人間は、常に次の手を考えて対策を立てるしかないんです。」

秋山選手はこのように語っています。

 

この話は、「不安をモチベーションに変える」ということだと思います。

不安を感じると、悩んでしまって行動できなくなるのが普通です。

しかし逆に、どうしよう・解決しなきゃって気持ちを動機付け(モチベーション)にして行動することも可能なのです。

 

不安は悪いものと思われがち。

でも実は、不安はモチベーションを強固にする要素でもあります。

秋山選手がシーズン最多安打や首位打者など数々の成績を出せるのは、不安を感じる事をメリットにするのが上手だからだと思います。

 

「不安をモチベーションにする」

これは、仕事でも勉強でも活用できると思うので、ぜひ試して見てくださいね!

まとめ

・秋山翔吾選手の現在(2018年)の年俸は2億3490万円

・最高額は2億34900万円(2019年)

【ライオンズの関連記事】浅村栄斗(西武)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!