[記事公開日]2018/09/16

今宮健太(ソフトバンク)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

福岡ドームと今宮健太の背番号

ハイレベルな遊撃手を擁するパ・リーグ各球団の中で、トップに君臨する今宮健太(いまみやけんた)選手。

2013年から5年連続ゴールデングラブ賞を受賞するほどの実力と天性の才能を兼ね備えた選手です。

そんな名手、今宮健太選手の年俸の推移を調べました。

スポンサーリンク

今宮健太の年俸推移

今宮健太選手の年俸推移は以下の通りです。

年度 推定年俸 球団
2010年 800万円 福岡ソフトバンクホークス
2011年 800万円 福岡ソフトバンクホークス
2012年 900万円 福岡ソフトバンクホークス
2013年 2200万円 福岡ソフトバンクホークス
2014年 5200万円 福岡ソフトバンクホークス
2015年 7000万円 福岡ソフトバンクホークス
2016年 9000万円 福岡ソフトバンクホークス
2017年 1億4500万円 福岡ソフトバンクホークス
2018年 2億2000万円 福岡ソフトバンクホークス

今宮健太選手の最新の年俸は2億2000万円です(2018年度)

 

今宮選手は、大分・明豊高校の出身。

2年生の時には、エースでありながら1番打者を務めていました。

監督としては野手に専念させたい気持ちもあったようですが、投手陣の中でも一番安定していると言う理由で、投手兼野手にさせていたようです。

 

3年生になると守備位置を逆転させ、遊撃手メインで控え投手という役割に変わっています。

ただ控え投手とは言っても、甲子園のほとんどの試合でマウンドに立ちました。

 

春夏ともに、岩手・花巻東高校に惜しくも敗退。

この時、花巻東のエースだったのは、現在は西武ライオンズのエース・菊池雄星投手です。

明豊 対 花巻東というよりも、今宮 対 菊池として注目されていたように思います。

 

今宮選手は、「菊池投手は高校球児の中でずば抜けてすごい選手だった」と当時について振り返っています。

菊池投手は、メジャーへいく可能性が高いピッチャーです。
→【関連記事】菊池雄星(西武)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

先に活躍している花巻東高校の後輩・大谷翔平選手との対決も見られるかもしれません!

スポンサーリンク

2009年のドラフト会議では、6球団が菊池投手の獲得を競り合っている中、ソフトバンクは今宮選手を単独指名。

投打ともに優れている選手なので、単独で取れたのはかなり運がよかったと思います。

 

今宮選手の特徴は、身体能力の高さです。

アクロバティックな遊撃手として知られていますが、どんな体制からも一塁に鋭い球を投げアウトに仕留めることができます。

今宮選手の守備範囲と一塁への送球の速度と正確さには驚嘆する人も多いと思います^^;

パ・リーグは遊撃手のレベルが高いと言われますが、この守備なら他の遊撃手を抑えて5年連続ゴールデングラブ賞をとっても仕方ないのかもしれませんね。

 

一方で、打撃では大きな成績を残しているわけでもないため、2億という年俸は高いという見方もあるようです。

3割台の打率を叩き出し、打撃のほうでもアクロバティックな活躍に期待したいところです。

まとめ

・今宮健太選手の現在(2018年)の年俸は2億2000万円

・最高額は2億2000万円(2018年)

【ホークスの関連記事】千賀滉大(ソフトバンク)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!