[記事公開日]2018/08/03
[最終更新日]2018/08/08

野上亮磨(巨人)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

東京ドームと野上亮磨の背番号

投球フォームが美しく欠点がないとまで言われる野上亮磨(のがみりょうま)投手。

西武ライオンズで先発・中継ぎの役割を担っていましたが、2018年からは読売ジャイアンツでプレーしています。

ここでは、野上亮磨投手の年俸の推移と現在の年俸について紹介します。

スポンサーリンク

野上亮磨の年俸情報

野上亮磨投手の年俸推移は以下の通りです。

年度 推定年俸 球団
2009年 1300万円 西武ライオンズ
2010年 1500万円
2011年 1600万円
2012年 1300万円
2013年 2800万円
2014年 4800万円
2015年 4500万円
2016年 5800万円
2017年 5000万円
2018年 1億5000万円 読売ジャイアンツ

野上亮磨投手の最新の年俸は1億5000万円です(2018年度)

 

ライオンズ時代から1億円もアップしています。

ジャイアンツがこれほど評価した理由は、野上投手の持つ「コントロール」と「回転数」にあるようです。

野上投手がフォアボールを出した数はパ・リーグでトップに位置するほど少なく、その制球力の高さは球界から評価されています。

 

また、ボールの回転数が多いのも特徴。

回転数が多いとボールにノビが出るため、体感速度ではとても速い球に見えます。

巨人の鹿取GMも「ローテーションを守れる」と評価しています。

MAX149キロを投げる野上投手の球の威力と、制球力は億が妥当だと判断したのではないでしょうか。

 

一方、野上投手の欠点は「スタミナ」と言われています。

西武ライオンズ時代、先発を中心に登板していましたが、完投(1試合投げ切る)数は4です。

4は、先発投手としてはかなり少ない数字だと思います。

 

野上投手は、中盤にバテる傾向があります。

バテると球速が大幅に落ち、長打を打たれる場面もありました。

防御率が3点台後半〜4点台という成績なのは、スタミナ切れの影響も大きいと思います。

 

勝ち投手と負け投手の割合も五分五分です。

これに関しては、打線の援護不足との見方もあります。

ですから、打撃力のある巨人で、勝ち星が伸びることも期待されていました。

 

現在、先発として良いとは言えない成績で、シーズン中盤には中継ぎへ転向となっています。

野上投手は中継ぎ向きという声も多いので、中継ぎで打たせて取るスタイルを確立すれば、活躍の場面は増えるのではないかと思います。

スポンサーリンク

FAで巨人に移籍した理由について、巨人では良くても悪くても話題になること挙げています。

これは良ければ賞賛されるし、悪ければ叩かれるという意味だと思います。

そのような厳しい環境に身を置くことで、自分の戦う姿をお子さんに見せたいという願いがあるそうです。

 

野上投手の奥さんは、元モーニング娘。の石川梨華さん。

石川梨華さんは、実は熱狂的な阪神タイガースファンです。

宿敵である巨人への移籍は、内心複雑だと思いますが、アスリートの妻として食事管理も腕の見せどころだと思います。

野上投手自体は、福岡出身なのでホークスファンです。

 

高校は、現在では甲子園常連校となった鹿児島の神村学園(かみむらがくえん)に進学。

3年生の時には、春の甲子園で準優勝投手となっています。(優勝は愛知・愛工大名電)

 

スカウトからの注目も集まり、ドラフト指名が濃厚でした。

しかし結果的に指名されずに社会人野球に進んでいます。

この挫折を乗り越え、入社した日産自動車でエースとして活躍。

 

3年目(2008年)のドラフトで西武ライオンズから2位指名を受けて入団しています。

年俸1300万円、契約金は8000万円です。

 

そんな野上亮磨選手は、右の本格派ピッチャーです。

野上投手の操る球種についても見てみましょう!

野上亮磨の球種は?

野上亮磨投手は、

・ストレート

・スライダー

・カットボール

・カーブ

・チェンジアップ

・フォーク

これらの球種を持っています。

主体はMAX149キロのストレートで、投球の50%以上がストレートです。

 

ストレートを主体に、スライダー、チェンジアップ、カーブを混ぜる右の本格派。

巨人だと、投手陣のリーダー・内海投手も本格派ピッチャーです。
→ 内海哲也(巨人)の年俸の推移は?現在の最新の金額はいくら?

まとめ

・野上亮磨投手の現在(2018年)の年俸は1億5000万円

・最高額は1億5000万円(2018年)

・ストレートの最速は149キロ

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!