[記事公開日]2016/12/10
[最終更新日]2017/03/21

睡眠前におすすめ!お手軽アロマとオイル6選

寝る前のアロマについて

身近になってきたアロマテラピー。

リラックス効果や香りを雑貨店で好みの香りを買ってきて楽しむ人も多いでしょう。

また、お土産やプレゼントでアロマオイルを貰ったという人も少なくないと思います。

アロマオイルを選ぶ時、私達は香りを重視しがちです。

しかし、アロマオイルの素となっている花や葉には50~100種類の香りの成分が含まれており、香り以外の効果が得られます。

そんなアロマオイルを手軽に行う方法と、おすすめのオイルをご紹介します!

なぜアロマが効くの?

スポンサーリンク

アロマオイルの香りだけで何故リラックスできるのか不思議ですよね。

簡単に言うと、香りを嗅ぐ事で自律神経は副交感神経が優位になり、人はリラックスする事が出来るようです。

ゆえに眠りにも入りやすくなります。

ただ、アロマオイルの種類によっては覚醒作用があります。

香りが好みでも睡眠には繋がりにくいものもあるので注意しましょうね。

 

例えば、個人的には柑橘系の香りが大好きですが柑橘系には覚醒効果と眠気覚まし、集中力を上げるといった効果があります。

寝る前に柑橘系の香りを嗅ぐと睡眠がどんどん遠のいてしまうという悲しい現実があります ><

私のように柑橘系の香りが大好きな人は、朝起きた時に嗅ぐと眠気がすっと取れるので使う時間によって香りを選んでみましょう♪

初心者さん必見!簡単にできるアロマの楽しみ方!

アロマオイルが好きで、家の中でもアロマの香りが常に感られるようにしている人は、アロマ専用の耐熱容器やオイルウォーマー、アロマランプ等を使って楽しんでいると思います。

でも、専用の道具なんてもってないよ〜って方も多いと思います。

今回は、ちょっと寝る前だけアロマしてみようかなぁという初心者さんにオススメする専用の容器などを買わずに楽しめる方法をご紹介します。

鼻の前でパタパタ

最も手軽にできる方法です!

用意するものは、コットン or ハンカチ or テッシュペーパーと小さいお皿です。

コットン等にアロマオイルを数滴垂らして鼻の前でパタパタ〜ってして香りを楽しみます ^^

その後は、そのアロマを含ませたものを小さめのお皿の上に乗せます。

それを枕元に置いておくとほのかに香りを楽しみながら夢の中へ出発しましょう 笑

お湯につけて

マグカップに熱湯を入れてアロマオイルを数滴垂らして香りを楽しむ事も出来ますよ。

ただ、これはうっかり飲んでしまわないように注意してくださいね。

どの香りが良いの?おすすめ6選

スポンサーリンク

雑貨店で香りを聞いてもアロマテラピーの資格を持っている人が対応してくれる可能性は少ないと思います。

アロマオイルの専用コーナーや専門で販売しているお店ではアロマテラピーの資格保持者がいるので、安心して相談できます。

しかし、そんな専門店は都会でなければ、なかなか巡りあえませんね 。。。

 

基本は自分が「いい香り」と思える物を選ぶのが一番いいんです。

けど先ほどお話したように、香りによっては眠りを妨げてしまう覚醒作用のある香りもあります。

なので、リラックス出来て心地よい睡眠に誘ってくれる香りをご紹介します!!

1. ラベンダー

もはやド定番の「ラベンダー」です。

深いリラックス効果と安眠効果があって爽やかな香りが特徴です。

交じりっ気のないラベンダーのエッセンシャルオイル(精油)は火傷(低温火傷を含む)、ニキビ等にも効果があるんです!

直接肌に原液を一滴垂らして使います。

しかし、この時使えるのは「アングスティフォリア」と書いてあるラベンダーだけです!

ラベンダーとしか表記されていないものは原液を肌に付けないようにしてくださいね。

2. カモミール・ローマン

カモミール・ローマンは、ハーブティでもお馴染みのカモミールです。

精神的なダメージをくらった時に効果ありです ^^

香りは青りんごの様な甘い香りです。

3. クラリセージ

クラリセージは不安や緊張、精神的トラブルを抱えている時に効果的です。

香りはナッツの様な甘い香りなので、好みが分かれるかもしれません。

4. ネロリ

ストレスで疲れた心を癒してくれます。

甘さと苦みのビターオレンジの様な香りです。

5. プチグレン

例えば初めてのプレゼン前夜のようにプレッシャーや不安を感じている夜に効果的かも。

爽やかフローラルな香りです。

6. マジョラムスイート

自律神経の乱れが原因で呼吸が浅くなったり、不眠気味、食欲不振が続いている時に効果あり!

香りはスパイシーでエキゾチックな感じです。

 

何日も不眠が続いていたリ、途中何度も起きてしまう中途覚醒タイプの人は、「ゼドロール」「バニラ」もオススメです。

けれど、うつ病の疑いがある方はアロマは控える方が良いそうです。

(関連記事) 寝る前にタバコを吸うと寝つきが悪くなる!?

 

アロマオイルは寝る30分~60分前に香りを出しておくと効果があります。

余談ですが、アロマオイルはちょっと・・・という人には

お香のド定番「白檀(サンダルウッド)」

これも鎮静効果があるのでリラックスする事ができるんですよ♪

 

アロマオイルは香りを楽しむだけではなく、色んな効果が得られるのに副作用がないという安心なオイルです。

日常生活にちょっと取り入れるだけで心地よい時間を過ごせるので、ぜひお試しください。

(関連記事) 睡眠時の3つの寝姿勢が示す性格と、おすすめの寝方

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!