[記事公開日]2017/11/16

こたつのコードの別売りに互換性はあるの?値段はいくらする?

こたつのコード

冬はこたつでゴロゴロしながらミカンを食べる。最高のリラックスタイムですよね!

そんなうきうきモードでこたつを出してみたものの、

「えぇっ!?電源コードが破れてる!」

なんて悲劇にショックを受けた経験はありませんか?

もしくは、コードを無くしたなんて状況の方もいると思います。

そこで、こたつのコードの別売り品の買い方について調べてみました。

スポンサーリンク

今あるこたつと同じメーカーじゃないとダメなの?

まずは電源コードを見てみてください。

穴が2つの2穴タイプと、3つの3穴タイプがあると思います。

こたつ側のピンも確認して下さいね。

2ピン、3ピンタイプがあると思います。

 

2穴タイプは、ほとんどの場合どのメーカーも共有で互換性があります。

ですからどれを使っても大丈夫です。

 

3穴タイプは、メーカーや型番によって仕様が違います。

なのでこちらは専用のものを買う必要がありますね。

お店の人にメーカーと型番を伝えて取り寄せてもらいましょう!

電源コードの7A250Vってなに?

電源コードをよく見ると、7A250Vって書いてありませんか?

これも心配ですよね。

でも大丈夫です!

 

「7A250V」というのは7アンペア250ボルト。

7A以下、250V以下で使用して下さいという意味になります。

こたつのような家電製品は一般的に100ボルト以下で使用されるので心配はいりません。

スポンサーリンク

こたつのコードの値段は?

お値段はお店によって違いますが、だいたい1,000円くらいで買えますよ!

1,000円で寒い冬を乗り切れるならお安いものだと思います。

 

電気屋でなくても、ホームセンターやネットショップでも販売されています。

時間に余裕のない人はネットで注文してもらいましょう。

少しでも安いものを求めるのであれば、ホームセンターをはしごするのもいいかもしれませんね。

まとめ

・差込口が2穴タイプなら、メーカー・型番関係なく使える

・7A250Vは7アンペア、250ボルト以下で使用して下さいと言う意味

・家電製品やこたつは100V以下で使用されるので心配なし

・こたつのコードはホームセンターでも購入可能

 

こたつの電源コードは何年か使っているうちに熱や衝撃で断線してしまったり、コード自体が熱を持って熱くなったりします。

それに気づかないで使っていると火災が起こってしまうかもしれません。

ご覧いただいたように、こたつの電源コードは、こんなに簡単に買い替えができます。

お値段も1,000円程度とお財布に優しいので、怖い事故が起きる前に定期的に傷み具合をチェックして適時交換しながら安心して使って下さいね。

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!