[記事公開日]2017/11/04

大田理裟(クライミング)の出身や実力は?身長体重や年収はいくら?

ボルダリング

クライミングがオリンピックの正式種目となりましたが、知っていた方って意外にも少ないのではないでしょうか?

競技名は「スポーツクライミング」というそうです。

そして、その競技で注目なのは、なんといっても美女アスリート!

ボルダリングの世界にも美女がたくさんいますよ。

その一人で東京オリンピックの代表候補、大田理裟さんのプロフィールや身長体重と年収について気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

大田理裟の出身は?

大田理裟(おおた りさ)さんは、1993年1月27日生まれの現在24歳。

山口県の出身です。

 

大田理裟さんの父親は、山口県の国体山岳の監督を務めるクライマーのようです。

それで、理裟さんは中学2年時にクライミングジムに連れて行かれたんだとか。

その時にクライミングにはまってしまったそうです。

 

趣味嗜好がたまたま似たんでしょうね。

私なんか親と自分と好きなスポーツがまるで違うから大変な想いをしました。

大田理裟さんのお父さんからしたら、娘が自分が好きなクライミングをやってくれるなんてこの上ない喜びだと思います。

 

しかも、実力もすごいんですから、これまた幸せ者ですよね!

実力

大田理裟の実力は?

高校生の時に出場した、JOCジュニアオリンピックカップ。

高校、大学でなんと4連覇という記録を持っているそうです!

 

そんな大田理裟さんの高校は、山口県立新南陽高校。

大学は山口県立大学です。

大学では、スポーツクライミング部に所属して日々トレーニングに励んだそうです。

最近ではボルダリングの部がある学校は増えてきているようです。

登山部でもボルダリングをやっていたり、それだけメジャーな競技になってきたという証ですね!

 

大学3年生の時には、ワールドカップ初出場で8位入賞という成績も残しています。

そして、プロを目指すことを決意したそうです。

プロになってからも好成績を収めています。

・アジア選手権3位入賞(リード種目)

・ワールドカップ5位入賞

 

そしてボルダリングにも世界ランキングが存在するようで、大田理裟選手の最高順位は8位のようです。

2017年の女子年間ランキングでは、惜しくもトップ10入りはされてませんでした。

同じく女子アスリートの野口啓代(のぐち あきよ)選手は3位に名を連ねています。

 

とはいえ、世界で注目される選手なので、オリンピック代表に選ばれて活躍する姿が観れるといいなーって思います。

特に美女アスリートの演技って華があって観てて気持ちいいですしね^^

スポンサーリンク

大田理裟の身長と体重は?

自分の体を支えて絶壁を登る競技ですから、すごい筋肉なんじゃないの?って思ってしまいますよね。

 

でも、情報によると大田理裟さんの体重は一般女性とそんなに変わら内容です。

身長が161cmで体重が44kg。

 

普通の女の子と同じくらい、むしろ痩せてるし!!

だからものすごく細マッチョなんでしょうでね。

美しい体の作り方なんてのをぜひ公開してほしいものですね。

大田理裟の年収は?

プロのクライマーって年収はどれくらいなのでしょうか?

日本人初のプロクライマーである尾川智子さんは、テレビに出演した際に、「フリークライミングは究極の自己満足スポーツ」と苦労を語っていたそうです。

ワールドカップで優勝しても賞金は46万円なんだとか。。。

 

ですから、プロといってもそれなりに厳しい収入200~300万くらいになってくるのではないかと思います。あくまでも予想ですが。

 

2020年の東京オリンピックのJOCから支給される賞金は、

金メダル:500万

銀メダル:200万

銅メダル:100万

でも、オリンピックまでにボルダリングの知名度が上がれば、もっと増える可能性だって十分あると思います。

 

まだ24歳。美女アスリート大田理裟さんのこれからの活躍が楽しみですね!

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!