[記事公開日]2017/12/13

成人式の服装の男女別のマナーとは?振袖のレンタルについても!

成人式の振袖

成人式は一生に一度の記念日で、普段会えなかった友達と再会できる嬉しい日。

そんな成人式にどんな服装でいくかって悩みますよね?

 

一般的には成人式の服装にこれといった決まりはないのですが、ある程度のマナーは必要になります。

男性、女性ごとに気を付けるべきポイントをまとめてみたので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

男性の服装マナー

最近では、羽織袴姿という和服も増えてきましたが、大半を占めるのはスーツになります。

このスーツを選ぶときには、次の点に気をつけましょう。

 

・派手な色でなく、ダークな色を選ぶ

人よりも目立ちたいからと派手な色やデザインのスーツを選ぶのは、NG!

印象的に浮いてしまい、かえって恥ずかしい思いをするはめになります。

お勧めの色合いは、濃いネイビーブルーやグレー、黒色といった、一般的にビジネススーツとして着られるダークなものです。

 

・ネクタイはスーツの色を基準にして合わせる

ネクタイを自分の好みだけで選んでしまうと、スーツとのバランスが崩れてしまうことがあります。

スーツの色を基準にして、あまり派手になりすぎないものをチョイスしましょう。

無地やピンドット、同系色のストライプなどがお勧めです。

 

・ワイシャツは白色がおすすめ

スーツの色が濃い目なので、ワイシャツの色は白がお勧めです。

白色なら清潔感もアップしますし、ネクタイも選びやすくなります。

 

・靴下はズボンの色に合わせる

ほとんど見えないからと手を抜いてしまいがちな靴下。

しかし椅子に座った時などに全体の印象として違和感がないように、ズボンと同色のものを選ぶとよいでしょう。

スポンサーリンク

女性の服装マナー

成人式での女性の服装で圧倒的に多いのが振袖です。

色とりどりの花が咲いたようで見た目も華やかですよね。

 

振袖は未婚女性のみの着物とされているので、日本女性としては憧れが強いのかもしれません。

成人式を機に新調して、結婚したら袖を短くしカットし、訪問着にするのもいい選択です。

ですが、最近ではレンタルの需要が多いようです。

↓こちらは種類豊富なので可愛いのが見つかると思います^^

女子は振袖が多いと思いますが、着物は苦手なので洋服がいいという人もいるかと思います。

その場合には、スーツやワンピース、ドレスでも構いません。

こういった場合には次のことに気を付けましょう。

 

・スーツのとき

スーツのときは固いイメージになってしまわないよう、ブラウスをフリルやリボンなどの柔らかいデザインのものにしたり、コサージュなどで華やかさをプラスしましょう。

また、髪型は思い切って派手なスタイルの方が式典に合います。

 

・ワンピースのとき

スーツよりも柔らかな印象ですが、アクセサリーや髪型を意識して華やかさを取り入れましょう。

控えめ過ぎると質素な印象になってしまいます。

 

・ドレスのとき

結婚式で着るようなパーティーフォーマルなものでよいですが、色は黒などの地味なものでなく、ピンクや白などの淡い色の方が新成人らしくて好感をもたれるでしょう。

振袖のマナー

着物を着る機会が殆どなくなった現代で、急に着物で式典に参加するとなると色々な面で不自由を感じてしまうでしょう。

そんなときにスムーズな行動がとれるように、振袖を着たときの所作のマナーをご紹介します。

 

・椅子に座るとき

長い袖を2枚重ねて片手で持ち、お尻から先に静かに座ります。

帯が崩れるのを防ぐために椅子の奥まで座らないようにしましょう。

座ったあとは、袖が汚れないように膝の上に重ねて置きます。

 

・グラスを持つとき

グラスを持つときに腕を高く上げてしまうと、袖口から腕や肌着が見えてしまうので気を付けましょう。

片手でグラスを持ち、もう一方の手で袖口を抑えるようにしましょう。

 

・階段を昇降するとき

片手で袖を重ねて持って、もう一方の手で着物の裾がはだけないように抑えてゆっくりと昇り降りしましょう。

着物だけでなく草履も履きなれないので、慌てて転んでしまわないよう気を付けましょうね。

 

服装の一つの思い出になるので、自分にピンとくるものを選んで、思い出に残る素晴らしい成人式にしてくださいね。

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!