[記事公開日]2017/09/11

森博貴(LDH副社長)尾野真千子の旦那の経歴や出会いは?年収は?

女優の尾野真千子(35)が離婚したことが報道されましたが、その相手は「森博貴」(もりひろたか)さんで年齢は46才です。

職業は、EXILEの事務所であるLDHの副社長です。

そんな森博貴さんの経歴を調査してみました。

森博貴の経歴

スポンサーリンク

森博貴さんは、双子で一卵性双生児の兄がいます。

その兄は、LDHの社長です。

兄弟で同じ会社の役員を務めています。

 

LDH JAPANの創業時は、

代表取締役社長:五十嵐広行(EXILEのリーダーHIRO)

代表取締役副社長:森雅貴(兄)

専務取締役:森博貴(弟)

でした。

 

しかし、HIROさんが社長を退任し、会長になったことを受け、副社長の兄の森雅貴(まさたか)さんが社長、専務の弟の森博貴さんが副社長になりました。

 

1971年生まれで出身は東京杉並区です。

40代を超えてからの結婚となりますが、尾野真千子さんとの結婚が初婚のようです。

 

そんな彼の経歴は、父親が働いていた建設会社に入社し、そこで働いていたそうです。

 

EXILEのHIROさんと出会ったのは、兄の雅貴氏が今から20年以上前になります。

友人がダンス&ボーカルユニットのZOOの弟分のDEERに入ったことで、HIROさんと知り合ったそうです。

 

その頃から、HIROさんに惚れ込みアプローチしていたとのこと。

HIROさんと付き合いを重ね、LDHの創設につながったそうです。

尾野真千子との出会いは?

スポンサーリンク

尾野真千子さんとは、共通の知り合いを通じて知り合ったそうです。

 

EXILEのメンバーと尾野真千子が共演したドラマの打ち上げなどで意気投合し付き合うことになったそうです。

そして結婚に至りました。

年収はいくら位?

LDHの売上は2015年3月期で350億円と発表されています。

 

年商100億ある会社の社長の年収は、経営状態がよければ、1億あるとも言われています。

しかし100億あっても、経営状態が悪ければ、1000万ということも考えられます。

 

LDHは、2007年から17億→76億→100億と伸ばし、2013年からも270億→275億→350億と成長しています。

この数字をみると、経営状態は良いのではないかと思います。

 

そして森博貴氏は副社長なので、あくまで推測ですが、1億はあるのではないかと思います。

 

今回の尾野真千子さんとの離婚はすれ違いと報道されています。

円満離婚で慰謝料も発生しないということなので、お互いに良い道を進んでほしいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!