[記事公開日]2018/09/04
[最終更新日]2018/09/09

福島県議会議員選挙補選(相馬市)の結果速報2018!立候補者の経歴と開票結果!

2018年9月9日投開票、福島県議会議員選挙 補欠選挙(相馬市相馬郡新地町選挙区)の立候補者の経歴・公約と結果速報をお伝えします。

開票結果は随時更新いたします。

福島県議補選(相馬市相馬郡新地町選挙区)の立候補者は、門馬優子(もんまゆうこ)さん、荒秀一(あらしゅういち)さんの2名です。

【速報】荒秀一さんが当選です。

 

投票率は「51.65%」でした。

スポンサーリンク

福島県議会議員選挙補欠選挙の結果速報

確定(開票率:100%)

門馬優子 7,470票

荒秀一 10,917票

福島県議会議員選挙補欠選挙の候補者の経歴は?

立候補者は届出順に次の2名です。

1 門馬優子(もんまゆうこ)

【自民党 公認、公明党 推薦】

出身:福島県相馬市

年齢:47歳

学歴:

・県立相馬女子高校 卒業

・東洋大学短期大学 卒業

職歴:

・(有) 東部ダンボール工業 取締役

・相馬市議 2期

 

2 荒秀一(あらしゅういち)

【相馬と新地の未来をみんなで創る会】

出身:福島県相馬市

年齢:67歳

学歴:

・県立相馬高校 卒業

・放送大学

職歴:

・保護司

・相馬市議 5期

スポンサーリンク

福島県議会議員選挙補欠選挙の各候補者の公約

各立候補者の公約は次の通りです。

門馬優子

・道路整備による近隣自治体との滞在型観光の推進

・光陽地区を核としたスポーツツーリズムの推進

・船舶や貨物の誘致

・相馬港の貿易拡大

・物流の活性化による経済振興

・官民との連携による企業の経済、技術力の強化

・結婚から子育てまでの支援

・児童生徒が主体的に学習に取り組む環境づくり

・高齢者が尊厳を保ちながら暮らせる社会づくり

・産婦人科医師等の確保

・県立医科大と連携し、医師の派遣と定着の強化

・福祉、介護人材の確保、育成

・風評払拭、リスクコミュニケーション強化

・自然と共生するまちづくり

・観光産業に配慮したまちづくり

 

荒秀一

・県政、市政、町政一体となり力強い相馬地域づくり

・風評被害に負けない強い農業、漁業、商工業の再生

・子育て支援、思いやりの社会を充実させる

・高速道路をフル活用した企業誘致

・広域観光行政の推進

・産学協同による特色ある人材育成

 

選挙におなじみのだるまですが、こんなに大きいものも使われているようです。
選挙用必勝だるま

 

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!