[記事公開日]2017/12/28

牡丹鍋(京都府の猪鍋)のお取り寄せは?通販情報をご紹介!

牡丹鍋(猪鍋)

猪(いのしし)のお肉を使った猪鍋は、牡丹鍋と呼ばれています。

11月にイノシシ狩りが解禁となる京都では、冬には旬な牡丹鍋が食べられます。

そんな京都のイノシシ鍋こと牡丹鍋のお取り寄せ情報を調べました。

スポンサーリンク

牡丹鍋について

イノシシの肉は縄文時代から食べられていた食材で、そのイノシシの肉と野菜を加えた鍋料理は日本各地に広がっていったそうです。

なぜ牡丹(ぼたん)と呼ばれるかと言えば、イノシシの肉を薄切りにして皿の上に盛り付ける際に、牡丹の花に似せて盛り付けることから牡丹鍋と呼ばれます。

 

ダシは味噌か醤油を入れることが一般的。

京都の牡丹鍋は味噌だしがよく使われるようですよ。

だしは濃厚で、シメには中華そばを入れて食べると、鍋の具材のだしも染み込んでとても美味なんだそうです。

牡丹鍋のお取り寄せ情報について

京都の牡丹鍋はこちらです。
【送料無料】 ボタン鍋のお試しセット(2〜3人前)猪肉 ジビエ いのしし いのししにく 牡丹鍋 ボタン鍋

2、3人前でご家族で食べるのにちょうどいいかと思います。

値段もお値打ちですね。

 

1人前のセットはこちら。
天然 いのしし肉 猪 【特選上100g】 新商品! ボタン鍋 牡丹鍋 ジビエ料理 猪肉 鍋

イノシシ肉というと独特な臭みがあり、それが食欲を削ぐ原因にもなってしまいます・・・

こちら、「お肉は臭みがなく美味しい」と評価がとても高いお店です。

楽天の猪肉ランキングでも1位を獲得しているので、特に猪肉が初めての方にはピッタリだと思います。

旬の美味しい時期に、柔らかいお肉を食べて体力回復にぜひどうぞ^^

スポンサーリンク


おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!