[記事公開日]2018/03/30

桂吉弥(落語家)の本名や学歴!結婚はしている?ネタ動画も紹介!

落語

生活笑百科で相談員として活躍する桂吉弥(かつらきちや)さんは、見ているほうを楽しませてくれる落語家さんですよね。

年齢が47歳とお若い方です。

そんな桂吉弥さんって結婚しているのかが少し気になりますね。

ついでに本名や学歴と、桂吉弥さんの落語の動画についてもご紹介します!

とても落ち着いたおっとりとした喋りで、もう一人の男性相談員でもある辻本茂雄さんとまた違った雰囲気で和ませてくれます。

落語もその雰囲気そのままなので、最後の動画もご覧ください。

スポンサーリンク

桂吉弥の本名や結婚について

桂吉弥さんは、大阪府茨木市出身の47歳。

現在は、兵庫県尼崎市に住まれているようです。

 

本名は、富谷竜作(とみやりゅうさく)さん。

竜作って何とも強そうな名前です。

桂吉弥さんは、結婚されて富谷の姓になりました。

旧姓は新保(しんぼ)さんです。

 

奥さんの出身地は島根県安来市なので、婿養子ではなさそうです。

お子さんも、2人いらっしゃいます。

桂吉弥の学歴は?

学歴はとても優秀で、大阪府立春日丘高校から神戸大学に進学。

教育学部を卒業しています。

もともと、体育教師になることが夢でしたが、他大学の教育学部を不合格になったことで、小学校教師を目指すことにしたそうです。

大学時代には落語研究会に所属。

この落語の活動が落語家としての人生へと進むきっかけになります。

後の師匠となる桂米朝さんの落語に惚れ、入門したそうです。

スポンサーリンク

ただ、神戸大生というブランドを持つ桂吉弥さんに対して、教師になれ!という言葉もあったとか・・・

高学歴という立場の人なので、受け入れる側だとしたら自分も同じような言葉をかけて突き放すかも^^;

なんか勿体無いって感じてしまいますしね。

 

ただ、桂吉弥さんはめげずに、楽屋に通い続けたそうです。

別の落語家には「他人様の税金で国立大学に通って・・・」というような言葉をかけられたこともあるんだとか。

ちょっと手厳しいですね。

でも、桂吉弥さんは落語を愛し、 「古典落語の持つ魅力を多くの人に伝えられるように」と活動されているそうです。

桂吉弥の落語の動画は?

そんな桂吉弥さんの落語をご覧ください。

ぜひ楽しんでくださいね。

やはり、穏やかで落ち着きのある喋りが和みます^^

ここまで、桂吉弥さんの本名、学歴と結婚についてと、落語の動画についてのご紹介でした!

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!