[記事公開日]2018/04/01

谷口由紀(女流棋士)の学歴や戦術!年収や女流二段の実力とは?

女流棋士

NHK将棋フォーカスで解説もしている人気女流棋士(二段)の谷口由紀(たにぐちゆき)さん。

2018年3月に一般男性と結婚され、幸せ絶頂の25歳。

結婚された日は自身の誕生日なので、女性にとっては何よりもうれしい記念日だと思います。

結婚前は、室谷由紀(むろやゆき)さんとして活動されています。

 

その谷口由紀さんの学歴や将棋の得意な戦術と、年収や女流二段について調べて見ました。

スポンサーリンク

谷口由紀の学歴や経歴!

谷口由紀さんは、1993年生まれの現在25歳。

大阪府大阪狭山市の出身です。

 

高校は、大阪府寝屋川市にある同志社香里高校(どうししゃこうりこうこう)を卒業。

この学校は、中高一貫の私立高校で、基本的には同志社大学への進学を目指す人が多いようです。

 

谷口由紀さんも同志社大学に進学しました。

しかし、将棋に専念するために、最終的には中退されています。

 

将棋を始めたきっかけは、お母さんの友達の誘いで将棋教室に行ったことだそうです。

中学生の頃には、女流アマ名人戦で準優勝、優勝を遂げるなど実力を示すことになります。

高校生になると、女流育成会に入会。

その後、女流3級になりました。

 

師匠は、森信雄七段です。

現在は現役引退されていますが、森信雄さんは、面倒見がよく、弟子として育てた人数は最高記録を持つとも言われています。

谷口由紀さん以外の女流棋士も森信雄七段門下から数人誕生しています。

谷口由紀の将棋の戦術は?

谷口由紀さんは、「振り飛車」を得意とし、本人も振り飛車党ということをおっしゃっています。

これは、森信雄さんが振り飛車党でしたので、その師匠の影響もあるのではないかと思います。

 

飛車は、自分から見て右から2列目の位置にありますが、その飛車を中央から左に持っていき戦う戦術です。

どちらかというと、攻撃的な戦略と言われています。

飛車の位置によっても、細かく名前が別れており、左に行くほど攻撃的になるようです。

デメリットして、飛車を振る(移動させる)1手が必要なので、1手損するということが挙げられます。

スポンサーリンク

谷口由紀の年収は?

女流棋士のお給料は、とても厳しいのが現実のようです。

年収100万円以下の方も多く、アルバイトをしながら棋士をやっている方もいらっしゃるとか・・・

ほんの一握りのトップになると、年収1000万円程度あるとも言われています。

 

そんな厳しい世界で、谷口由紀さんは600万円程度と言われています。

将棋番組でのレギュラー出演もありますし、あくまでも推測ですが、最低でも300~400万程度はあるのではないかと思います。

こちらの本では、女流棋士の棋譜について、つるの剛士さんとともに解説されています。

谷口由紀さんも登場していますよ。
↓↓

女流二段の実力とは?

女流棋士の最高位は六段です。

そして、2級までが女流プロ棋士として認められています。

 

女流二段になるには、女流初段昇級後に60勝していること、タイトル戦に挑戦することが条件になっています。

谷口由紀さんは、22歳の時に女流名人リーグで中村真梨花女流三段に勝利し、女流初段しょう覚悟60勝となったため、二段に昇格しました。

 

三段になるには、タイトルを1期保有することが必要になります。

現在、谷口由紀さんはタイトルを保有していませんが、今後の昇格も楽しみですね。

ここまで谷口由紀さんについて見てきました。

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!