[記事公開日]2018/04/11

鎌田靖の大学などのプロフィール!評判や年収について調べて見た!

謎

未来世紀ジパングの新レギュラーとなった鎌田靖(かまだやすし)さんは、元NHKの記者で池上彰さんの後継者としてNHKの番組「週刊こどもニュース」の2代目を務めた方です。

ここでは鎌田靖さんの大学などのプロフィール・経歴と、評判や年収について見ていきましょう!

NHK時代の先輩後輩でタッグを組みジパングの解説者に就任。

先輩である池上彰さんは67歳、鎌田靖さんは60歳です。

分かりやすい解説がさらに楽しみになりますね。

スポンサーリンク

鎌田靖のプロフィール

鎌田靖(かまだやすし)さんは、1957年5月5日生まれの60歳。

福岡県の出身です。

学歴は、福岡県立嘉穂高校(つかほこうこう)を卒業し、早稲田大学政治経済学部に進学しました。

早稲田を卒業後にNHKに入局。

NHKで働きたいという強い気持ちはなかったそうです。

 

大学4年生の就職活動の時期に、仕事について考え始めた時に、自分はお金儲けが向いてないと思い、お金儲けより別の価値観を見いだせる仕事をしたいという思いが強かったとか・・・

それで就職先があまりないということに気づいたそうです。

 

これは多くの大学生が、抱える悩みなんじゃないかなって思います^^;

 

それで鎌田靖さんは、まず弁護士を志したのですが、すぐに断念したそうです。

色々と考え、国がより良い社会になるために自分にできることを考えた時に、なんとなくジャーナリズムが思いついたようです。

それがNHK就職へと繋がったようですね^^

 

NHKに就職後は、名古屋、東京、神戸などで勤務。

リクルート事件や東京佐川急便事件など、大きなニュース取材を経験したり、神戸に住んでいた時には、阪神淡路大震災の被害にあいながらも、自ら取材を続けたそうです。

 

大学時代に想っていた「国がより良い社会になるために自分にできること」を実行されている方だなと感じました。

一貫してNHKの仕事を勤め上げ、60歳の定年を目の前にして退職され、TBSでの「あさチャン!」でレギュラーに就任。

ただ、あさチャン!は1年間(2018年3月)で卒業となりました。

 

改編期ということで、一新をはかりたかったのかもしれませんね。

テレビ東京のジパングでは、相性のいい池上彰さんとのタッグなので長く続くことを期待したいと思います。

スポンサーリンク

鎌田靖の評判や年収は?

「テレビは自分の思いなどを表現するのに一番向いているメディアかもしれません」と鎌田靖さんは述べています。

自分の思いをそのままぶつけても、世間に受け入れられなけらば消されると思うので、これだけテレビの前にいられるのは、鎌田靖さんの解説や自己表現がとても上手であると言えますね。

また、鎌田靖さんは、ポスト池上彰とも言われており、解説が分かりやすいと評判のようです。

 

そして現場経験も長いため、現場を歩くコメンテーターとしても期待感が持たれています。

池上彰さんとはまた違った個性がジパングに加わるので、2つの視点からの解説がより勉強になると思います。

 

フリージャーナリストの年収は、名の知れた方で1000万円を超えるようです。

池上彰さんクラスになると、年収1億は超えるとか・・・

まぁ池上彰さんは、レギュラーを何本も持っていて、本の執筆や講演など引っ張りだこなので、1億は想像の範囲内かもしれません。

 

鎌田靖さんは、現在、ジパングの1本の出演なので、1000万円は難しいのではないかと思います。

ただ、名実ともにテレビ界では知られている方ですし、講演活動もあるのでそれなりの年収はあるのではないかと思われます。

ここまで鎌田靖さんについてでした。

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

error: Content is protected !!