[記事公開日]2016/12/24
[最終更新日]2017/03/21

油脂ってなに?油と脂の違いと、使い分け

油と脂の違いについて

アブラという漢字は、油と脂の2つありますよね!

ただ、その違いを聞かれると良く分からないという人も多いはず。

私自身、料理に使うのが油で、食材に含まれているのが脂なのかなって漠然と思っていました。

一見どっちでも良さそうですが、いまやアブラは健康の良し悪しに大きく影響します。

たくさんのアブラが出回っていますし、何が体に良いのー?って思っちゃいますよね。

そこで、ここでは油と脂について解説します!

油脂とは?

スポンサーリンク

「油」は”さんずいへん”が示している通り、常温で液体のものを指します。

一般的に植物性のアブラです。

 

一方で「脂」は常温で固形のものを指します。

こちらは一般的に動物性のアブラです。

この油と脂をまとめて油脂と呼んでいます。

字で見ると意外と区別は簡単でしたね。

では、油と脂にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

油と植物性油脂について

油は動物性で、常温で液体です。

種類としては、キャノーラ油、ごま油、コーン油、亜麻仁油(あまにゆ)、大豆油、オリーブオイルなどがあります。

これだけあると何がなんだか良くわからないですよね。。。

私が料理に使った事があるのは、キャノーラ油とごま油、オリーブオイルくらいで、それ以外はあまり馴染みがありませんでした。

同じような方も多いのではないかと思います。

しかし、料理でよく使うサラダ油やキャノーラ油の過剰摂取は健康に悪影響を及ぼす可能性が高いのです。

なので、アブラの事を知っておく事は今後のあなた自身と家族の健康の手助けになります。

 

植物性の油脂は常温で液体と言いましたが、固形のものも存在します。

それは、ココナッツオイルやマーガリンの原料にも使われるパームオイルです。

植物性ではありますが、常温で固形なので分類としては”脂”となります。

このように、植物性でも油と脂があり、植物性のアブラをまとめて植物性油脂と呼びます。

脂と動物性油脂について

スポンサーリンク

脂は動物性で、常温で固形です。

バター、ラード(豚脂)、ヘット(牛脂)、ギーなどがあります。

ギーというのは、バターから水分やたんぱく質を取り除いた脂です。

スーパーでお目にかかることはそうそうないと思います。

 

こうやって改めて考えると、動物性のアブラを使うことって少ないかもしれません。

私の場合、焼肉に付いてくる白い塊の牛脂(ヘット)くらいかなぁと。

それに動物性のアブラは、脂肪になりやすいからお腹周りが気になると怖い存在だと思います。

 

けれど、植物性のアブラに固形があったように、動物性のアブラには液体のものがあります。

それは魚油です。

動物性油脂の魚油は、常温で液体ですので分類としては”油”となります。

ですから、動物性のアブラをまとめて動物性油脂という呼び方をします。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違い

ここまでで、油脂には植物性油脂と動物性油脂があることが分かりました。

その油脂ですが、グリセリン1つと脂肪酸3つが結合して構成されています。

 

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸という言葉はなんとなく聞いた事があると思います。

飽和脂肪酸は、常温で固形のアブラに多く含まれています。

動物性油脂のバター、ラード(豚脂)、ヘット(牛脂)、ギーなどです。

 

そして植物性油脂のココナッツオイル、パームオイルも固形ですよね。

これらも飽和脂肪酸が多く含まれています。

 

不飽和脂肪酸はというと、常温で液体になるアブラに多く含まれています。

動物性油脂の魚油や植物性油脂です。

よくある解釈として、固形アブラ=飽和脂肪酸、液体アブラ=不飽和脂肪酸と思っている方は多いです。

しかし、どちらかしか含まれていないというわけではなく、片方の比率が高いと理解して頂けたらと思います。

例えば、ココナッツオイルは飽和脂肪酸が92%、不飽和脂肪酸が8%という脂肪酸の比率になっています。

ですから、分類表記としては飽和脂肪酸となっているという事です。

まとめ

  • 油脂は、常温で液体の”油”と常温で固形の”脂”をまとめた呼び方
  • 植物性油脂は、植物に含まれるアブラからつくった油脂
    → キャノーラ油、ごま油、オリーブオイル、ココナッツオイルなど
  • 植物性油脂には常温で液体のものが多いが、ココナッツオイルなどの固形のものがある
  • 動物性油脂は、動物に含まれるアブラからつくった油脂
    → バター、ラード、ヘット、ギー、魚油など
  • 動物性油脂には常温で固形のものが多いが、魚油などの液体のものがある
  • 飽和脂肪酸は、常温で固形の脂に多く含まれる
  • 不飽和脂肪酸は、常温で液体の油に多く含まれる

油と脂、一見ややこしいですが、1つ1つ分けて考えると意外と簡単でしたよね。

一つの知識として覚えて頂けたらと思います!

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。