[記事公開日]2017/10/02
[最終更新日]2017/10/07

吉田晴美(東京8区)の年齢や経歴は?枝野新党の立憲民主党で出馬?

民進党公認で衆院選に立候補する予定だった、東京8区の新人・吉田晴美氏が枝野新党の立憲民主党に合流したい考えを示しました。

吉田晴美とはどのような人物なのでしょうか?

また、東京8区には誰が立候補するのか調べて見ました。

スポンサーリンク

吉田晴美の経歴は?

名前  :吉田晴美(よしだはるみ)

出身  :山形県

生年月日:1972年1月1日(45歳)

学歴  :

 立教大学文学部卒業

 英国立バーミンガム大学大学院でMBA(経営学修士)取得

 バーミンガム・ビジネススクール(イギリス)

職歴  :

 ばんせい証券株式会社 ロンドン駐在員事務所所長

 KPMGヘルスケアジャパン株式会社 経営コンサルタント

 シンガポール航空客室乗務員

 法政大学経済学部 講師(英語)

 目白大学外国語学部 講師(観光英語)

 

誕生日は元旦で、現在45才です。

民進党参議院・小川敏夫氏元法務大臣の政務秘書官を務めてきました。

2013年に行われた参議院選挙では、岩手県選挙区から出馬するも落選。

 

その後2016年の1月に、民主党東京都第8区総支部長に就任しました。

ちなみに民進党の総支部長とは、次期衆院選候補者を指します。

 

政治を目指したきっかけは、自身がかかった甲状腺がんを克服したのをきっかけに社会の役立ちたいと思ったからだそうです。

スポンサーリンク

立憲民主党から出馬?

吉田晴美氏は、衆院選で東京8区から民進党の公認を受けて出馬する予定でしたが、民進党の希望の党への合流によるドタバタにより、民進党公認は白紙になりました。

迫られた選択肢は、「希望の党」への公認申請か、無所属での出馬。

 

吉田晴美氏は、同じく民進党の新人支部長3人(東京2区の松尾明弘氏、東京10区の鈴木庸介氏、東京13区の北條智彦氏)と行動を共にし、4人で記者会見を開きました。

(関連記事) 鈴木庸介(立憲民主党の東京10区)の年齢や経歴は?10区の候補者は?

(関連記事) 北條智彦(立憲民主党の東京13区)の年齢や学歴と人柄は?

 

その記者会見で、希望の党の小池代表の「排除」や「選別」といった言葉に対し、「安倍晋三首相が秋葉原で『この人たち』と言ったのと同じだ」と小池百合子氏の発言を批判。

希望の党に公認申請せず、枝野新党に合流する意向を表明しています。

 

安倍首相の「この人たち」とは、7月1日の都議選の応援演説にて、「帰れ!」「安倍辞めろ!」という聴衆からの怒号に対して、

「皆さん、あのように、人の主張の、訴える場所に来て、演説を邪魔するような行為を私たち自民党は絶対にしません!私たちはしっかりと政策を真面目に訴えていきたいんです!憎悪からは、何も生まれない。相手を誹謗中傷したって、皆さん、何も生まれないんです。こんな人たちに、皆さん、私たちは負けるわけにはいかない!都政を任せるわけにはいかないじゃありませんか!」

という発言のことを指しています。

東京8区の立候補者は?

東京8区とはどのような戦いになるのでしょうか?

東京8区は、自民党の石原伸晃が1996年から7連勝していて、とても厳しい選挙区です。

他には、共産党が長内史子(おさないふみこ)氏(29)を擁立する予定となっております。

 

厳しい選挙戦になりそうです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。