[記事公開日]2017/10/23
[最終更新日]2018/01/30

新宮市長選挙の結果速報2017!開票経過と当選者は?

市長選挙

本日10月22日投開票、新宮市長選挙(和歌山県)の開票速報と結果速報をお伝えします。

【速報】現職の田岡実千年市長が当選です。

 

前回2013年の投票率は「69.00%」でした。

それでは開票経過です。

スポンサーリンク

新宮市長選挙の結果速報

立候補者は届出順に次の2名です。

1 並河哲次【無所属】(元市議)

2 田岡実千年【無所属】(現職)2期目

 

0時30分時点(開票率:11.68%)

1 並河哲次 1,000票

2 田岡実千年 1,000票

 

1時00分時点(開票率:40.87%)

1 並河哲次 3,500票

2 田岡実千年 3,500票

 

1時30分時点(開票率:93.41%)

1 並河哲次 7,000票

2 田岡実千年 9,000票

 

1時40分時点(開票率:100%)

1 並河哲次 7,562票

2 田岡実千年 9,285票

スポンサーリンク

新宮市長選挙の各候補者の公約

各立候補者のスローガン、公約は次の通りです。

 

並河哲次(なみかわてつじ)

「人が育ち、帰ってこられるまちに」

・子ども応援基金をつくって人材育成に取り組む

・観光、IT、木材活用で雇用を創出する

 

田岡実千年(たおかみちとし)

・人口減少対策としての雇用の創出

・病児保育など子育て環境の充実

・熊野川の濁水対策を含めた観光の活性化

 

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。