[記事公開日]2017/12/14

坂上明(西宮市議)の経歴や顔の画像は?NPO法人との関係は?

執行役員

兵庫県西宮市の坂上明(さかうえあきら)市議会議員と元県議が、NPO法人に洋服代や旅費を肩代わりして貰っていたことが明らかになりました。

NPO法人は約100万を負担していたとのことなので、大きな見返りを得ていたと思われます。

坂上明市議は、副議長も務めた人物。

影響力の大きさが伺えます。

そんな坂上明市議の経歴やNPO法人との問題について調べてみました。

スポンサーリンク

坂上明の経歴や写真は?

名前  :坂上明(さかうえ あきら)

生年月日:1962年4月13日(55歳)

高校  :兵庫県立龍野高校卒業

大学  :日本体育大学卒業

坂上明市議

出典:西宮市議会

坂上明氏は、龍野高校を卒業後、体育大学に進学。

ちなみに龍野高校は、偏差値が61〜65だそうですが、それでも県内30番台のようです。

兵庫県の学力のレベルの高さに驚いてしまいます。

 

坂上明氏は大学卒業後は教師を7年務めています。

そして、西宮市のスポーツ協会の会長や顧問も多数務めている人物です。

・ハンドボール協会会長

・なぎなた協会副会長

・軟式少年野球連盟顧問

 

教員生活を終えた後は、自民党の国会議員4名の秘書を務めたようです。

そして、2007年の西宮市議会議員選挙に立候補し、初当選。

現在まで、西宮市議を務めているベテラン議員です。

 

政治信条は「決断と実行」と書いてありました。

確かに別の意味で、決断力と実行力はあるんだなと思ってしまいました。

 

そんな坂上明市議は、過去にも疑惑があるようです。

スポンサーリンク

坂上明とNPO法人との関係は?

その疑惑は、やはり問題となっているNPO法人との関係。

最初は、福祉に興味があると言ってNPO法人に近づいたとか・・・

政治活動なら、何の問題のない行動だと思います。

 

しかし実際は、愛人との生活費を工面するためだったとの情報がありました。

NPO法人の理事長も、政治家との関係を良好したいとの気持ちからお金を渡していたようです。

 

また、坂上明氏に関しては、政務調査費を愛人に使っていたと情報もあります。

しかしこの一連の問題に関しては、明確な証拠は見つけられなかったようです。

妻や子供に関しての情報はないですが、愛人がいたということは、結婚しているということになりますね。

 

その後、NPO法人が5億円脱税していたことが明らかになりました。

じゃあそのお金は?というと、

「政治家に渡した」

とNPO法人の理事長が発言。

これが大きなニュースとなりましたが、その段階では物的証拠がないようでした。

 

しかし、旅費や洋服代の肩代わりして貰っていたとの報道に関しては、領収書が出てきています。

今回ばかりは、言い逃れは厳しい状況に追い込まれていると思います。

 

政治信条は立派ですが、ここまでクロに近い疑惑を持たれていると、政治家としての資質を問われてもおかしくない問題だと思います。

 

西宮市は、関西の住みたい街ランキングで、5年連続1位を獲得するような素晴らしい街。

そんなクリーンな街のイメージを傷つけないように、今後の進退についても考えてもらいたいなと感じました。

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。