[記事公開日]2017/09/20

落合知也(バスケ)チームやポジションと実力!年収や髪型は?

落合知也バスケットボール選手

人気番組「笑ってコラえて」で、バスケットボールの落合知也選手が出演していましたが、気になった方も多いのではないでしょうか?

そこで落合知也選手のバスケのポジションや実力などを調べてみました。

落合知也の経歴や実力は?

スポンサーリンク

名前  :落合知也(おちあいともや)

出身  :東京都

生年月日:1987年6月18日(30歳)

身長  :195cm

体重  :95kg

中学  :土浦市立第六中学校

高校  :土浦日本大学高校

大学  :法政大学

土浦日本大学高校は、茨城県の学校でスポーツが強く、野球部は甲子園に出場する強さ、バスケットボール部はインターハイに出場するほどの学校です。

中学も土浦ということなので、落合知也選手は幼少の頃から茨城育ちなのかもしれません。

 

法政大学を卒業後は、ストリートボールチームで活動していたそうです。

ストリートボールは、バスケットボールの屋外版で、5対5の形ではなく、3対3(3on3)や1対1(1on1)の形で行われることも多いようです。

 

学生時代からトッププレイヤーだった落合知也選手は、当然プロからオファーがある中、そのオファーを断り、ストリートバスケの世界に飛び込んだとのエピソードがあります。

それだけストリートバスケに魅了されていたようです。

もちろん、この世界でも日本No.1プレーヤーの称号を手にした天才プレーヤーです。

バスケットボールのゴール

2013年からは、バスケットボール(Bリーグ)の「大塚商会アルファーズ」に入団しました。

2014年、2016年には、3×3の男子日本代表に選ばれ、世界選手権にも出場しています。

ちなみに、3×3ではこちらのようなボールを使用するそうです。
【10月上旬入荷予定】モルテン moltenリベルトリア5000 3×3 バスケットボール国際公認球 検定球 人工皮革(イエロー×ブルー)【B33T5000】

 

現在、落合知也選手は3×3の選手としても活躍するとともに、Bリーグ「リンク栃木ブレックス」でプレーしています。

3×3(スリー・バイ・スリー)は、2020年の東京オリンピックの正式種目として採用され、落合知也選手は12名の代表候補の1人にもなっています。

正式種目として採用されたのを誰よりも喜んでいたのは、長年3×3に情熱を注いできた落合知也選手です。

ぜひ代表に選ばれて活躍してほしいですね!

 

現在所属する「リンク栃木ブレックス」はBリーグの1部リーグである「B1」のチームで、日本人初のNBAプレーヤーの経験を持つ田臥勇太(たぶせゆうた)選手も所属している強豪チームです。

落合知也のポジションは?

スポンサーリンク

落合知也選手のポジションは、スモールフォワード(SF)やパワーフォワード(PF)です。

SFは、得点を最もとるべきポジションで、個人能力に優れ、チームのエース的存在だそうです。

PFは、ゴール下を守り、リバンドを死守することが求められます。

 

スラムダンクで例えるなら、SFが流川楓、PFが桜木花道となります。

落合知也の年収は?

Bリーグでは最低年俸の規定があります。

B1リーグで300万円、B2リーグで200万円です。

また新人の上限は、460万円です。

この新人とは、高校や大学を卒業して直接Bリーグに所属する選手を指します。

そして、インセンティブとして、試合に出た場合に5万、勝利した場合に8万円という上限が設定されています。

これも新人のみで、2年目以降は上限がなくなります。

 

B1リーグでは多い人で1500万円程度もらっているようです。

栃木ブレックスは2016-2017シーズンで年間優勝をしており、落合知也選手はそのチームのトッププレイヤーですから、1500万くらいの年収はあるのではないかと予想されます。

落合知也の髪型は?

落合知也選手の髪型ってとても特徴的ですよね。

オールバックなのかなと思いきや、この髪型には「ワムスタイル」という名前がつけられているようです。

 

落合選手の憧れである「デニス・ロッドマン」というNBAプレーヤーはWORMと呼ばれていました。

それは、虫がニョロニョロと進むように、敵の間をすり抜けリバンドを取る様子から名付けられたようです。

その憧れのデニスロッドマンのワームという愛称を取り、自分の髪型のスタイルの名前としているようです。

 

スタイリストの西川悠(にしかわはるか)さんと共に、このスタイルを世に広めていきたいと語っています。

落合知也選手が活躍すればするほど、ワムスタイルも広がっていきますね。

 

どんな選手なのか分かったので、Bリーグとオリンピックでの活躍がますます楽しみですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)