[記事公開日]2018/04/04

大谷義夫(呼吸器評論家)の年齢や大学は?本の評判についても!

謎

呼吸器の専門家で池袋大谷クリニックの院長も務める大谷義夫(おおたによしお)さん。

呼吸器内科のスペシャリストとして、テレビにも多数出演されている注目のお医者さんです。

 

そんな大谷義夫さんは、頭がツルツルなのも特徴的ですが、いったい年齢は何歳なのでしょうか。

また、そんなスペシャリストの大学はどこなのかも気になるところ・・・

そして、大谷義夫さんが出版された本は多数ありますが、評判についても調べてみました。

スポンサーリンク

大谷義夫の年齢や大学は?

大谷義夫(おおたによしお)さんは、1963年10月21日生まれの54歳。

東京都豊島区の出身です。

 

学歴は、群馬大学医学部を卒業されています。

その後は、東京医科歯科大学医学部付属病院で勤務されています。

 

アメリカのミシガン大学に留学。

東京医科歯科大学の准教授も歴任されています。

 

そして2009年に、自身のクリニックを開院。

いまでは、呼吸器患者数が日本一のクリニックだそうです。

アレルギーや喘息などの治療に従事されています。

スポンサーリンク

大谷義夫の本の評判は?

大谷義夫のクリニックは、日本一の呼吸器内科ということもあり、本の評判もとても良いようです。
疲れやすい、痩せにくいは呼吸が原因だった [ 大谷義夫 ]

毎日、当たり前のように息を吸ってはいて、を繰り返しているだけに、「呼吸」について考えたことはほとんどなかったが、昨年から歌を始めて、ボイストレーニングを行うようになってから、なんとなく、背中のコリがなくなったり、風邪をひきにくくなったり、という気がしていた。 この本を読んで、改めて、呼吸がいかに大事かを実感。

 

親切で誰にでもわかりやすく書かれている。健康には深い呼吸がいかに重要かが良く理解できた。呼吸法の例がイラストつきで出ているので自分もすぐに実践したいと思った。

 

これまで呼吸についてしっかり考えたことがなかったので、姿勢や体調、ダイエットにここまで影響するなんて驚きました。イラストと文章が非常にわかりやすく、読んでからは呼吸をしっかり意識するようになりました。

amazonレビューより

このように分かりやすい、理解しやすいという意見がとても多くあります。

呼吸について、普段意識することは少ないので勉強になるかと思います。

 

最近では、マインドフルネスなんかも流行っていますし、呼吸を改めて大事に生活に取り入れていきたいですね。

【関連記事】喘息が辛い時の楽な姿勢や寝方について

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。