[記事公開日]2018/03/20
[最終更新日]2018/03/25

大田原市長選挙の結果速報2018!立候補者の経歴と開票結果!

栃木県

2018年3月25日投開票、大田原市長選挙(栃木県)の立候補者の経歴・公約と結果速報をお伝えします。

大田原市長選挙の立候補者は、津久井富雄さん(無所属)、本沢捷治(無所属)の2名です。

68歳の現職の市長・津久井富雄(つくいとみお)さんと、73歳の農業・本沢捷治(もとざわかつじ)さんの選挙戦となります。

【速報】現職の津久井富雄さんが当選です。

 

投票率は「36.12%」でした。

前回2014年の投票率は「40.03%」です。

スポンサーリンク

大田原市長選挙の候補者の経歴は?

立候補者は届出順に次の2名です。

1 津久井 富雄(つくい とみお)【無所属】

【自民党、公明党推薦】

出身:栃木県大田原市

年齢:68歳

学歴:

・那須工業高校

職歴:

・大田原市議(1期)

・栃木県議(2期)

・大田原市長(2期目)

 

2 本沢 捷治(もとざわ かつじ)【無所属】

出身:千葉県

年齢:73歳

職歴:

・農業

大田原市長選挙の結果速報

22時00分時点(開票率:8.39%)

1 津久井 富雄 1,800票

2 本沢 捷治 0票

 

22時30分時点(開票率:42.42%)

1 津久井 富雄 8,300票

2 本沢 捷治 800票

 

23時00分時点(開票率:81.10%)

1 津久井 富雄 16,200票

2 本沢 捷治 1,200票

 

23時13分確定(開票率:100%)

1 津久井 富雄 19,222票

2 本沢 捷治 1,868票

スポンサーリンク

大田原市長選挙の各候補者の公約

各立候補者の公約は次の通りです。

津久井 富雄

・雇用の創出

・地域の特性を活かした地場産業の振興

・地域資源の活用

・情報発信の強化

・結婚、子育てができる環境づくり

・情操豊かな子どもが育つ環境づくり

・市民参加による街づくり

・自然災害などに備えた危機管理体制の強化

・事故などに巻き込まれるのを未然に防ぐ安全・安心なまちづくりの推進

・だれもが安心して生活できるまちづくり

 

本沢 捷治

・高齢者の就労支援

・高齢者就労推進係の創設

・シルバー人材センターの時給アップ

・焼却場の移転推進

・市長給与の半減

・女性副市長、男性副市長の実現

・木材の地産地消

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。