[記事公開日]2017/10/13

野上浩太郎(内閣官房副長官)のプロフィール!身長や大学や派閥は?

神戸製鋼のデータ改ざんや、アメリカのユネスコ脱退など大きなニュースが連日続いています。

これを受け、野上浩太郎官房副長官が記者会見。

菅義偉(すがよしひで)官房長官が衆院選のため、野上浩太郎氏の会見を目にするようになりました。

普段はあまり目にしませんが、野上浩太郎氏の経歴や、かつては安倍晋三総理も務めた内閣官房副長官について見てみましょう!

スポンサーリンク

野上浩太郎の身長や大学は?

野上浩太郎氏は自民党の参議院議員です。

身長がとても高く見えますが、どんなプロフィールなのでしょうか?

名前  :野上浩太郎(のがみこうたろう)

出身  :富山県富山市

生年月日:1967年5月20日(50歳)

身長  :181cm

体重  :72kg

学歴  :

 富山県立富山高校 卒業

 慶応義塾大学商学部 卒業

 

野上浩太郎氏は、富山県の出身。

身長は、181cmもあります。

中学、高校、大学とバスケットボールをやっていたようなので、その影響もあるかもしれませんね。

 

その高校時代は、2年連続インターハイ出場を経験。

富山高校は、学業でも富山県内でトップ10に入る高校のようです。

また富山高校には、「普通科」とは別に「探究科学科」という学科があります。

よりグローバルな人材育成を行なっている学科のようです。

 

珍しい学科だと思ったら、「富山中部高校」にも探究科学科がありました。

こちらは富山県の偏差値ランキング1位の高校です。

 

富山高校卒業後は、慶応義塾大学商学部に進学。

商学部は、慶應の中でも人気の学部のようです。

大学卒業後は、三井不動産に入社し、その後地元に戻り、祖父が立ち上げた会社に転職。

スポンサーリンク

そして、1999年に富山県議会議員選挙に出馬して初当選しました。

その後、県議を辞職し、2001年の参議院選挙で自民党公認で出馬し、こちらも初当選を果たしました。

現在3期目です。

 

これまでに、財務大臣政務官、参議院文教科学委員長、国土交通副大臣などを務めました。

2016年8月3日から内閣官房副長官を務めています。

野上浩太郎の派閥は?

派閥は「細田派」です。

細田派は自民党最大派閥のようです。

自民党には7派閥あるようで、次のようになっているもよう。

・細田派(清和政策研究会)

・麻生派(志公会)

・額賀派(平成研究会)

・二階派(志帥会)

・岸田派(宏池会)

・石破派(水月会)

・石原派(近未来政治研究会)

内閣官房副長官の役割は?

内閣官房副長官は、内閣官房長官を補佐する特別職です。

安倍晋三総理も森内閣、小泉内閣時代に内閣官房副長官として北朝鮮問題に注力し、福田康夫官房副長官よりも注目されました。

 

3名が就任し、通常、衆議院議員1名、参議院議員1名、キャリア官僚1名という構成になるとのこと。

現在は、野上浩太郎氏と、西村康稔(にしむらやすとし)前衆議院議員、杉田和博氏(警察官僚)が務めています。

ここまで、野上浩太郎氏についてでした。

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。