[記事公開日]2018/01/28
[最終更新日]2018/01/29

延岡市長選挙の結果速報2018!立候補者の経歴や公約は?

宮崎県

1月28日投開票、延岡市長選挙(宮崎県)の立候補者の経歴・公約と結果速報をお伝えします。

【速報】元総務省官僚の読谷山洋司さんが当選です。

567票差でした。

 

投票率は「49.68%」です。

前回2014年の投票率は「44.68%」でした。

スポンサーリンク

延岡市長選挙の候補者の経歴は?

立候補者は届出順に次の2名です。

1 永山英也【無所属】(元県総合政策部長)

公明党、民進党推薦

名前:永山英也(ながやま ひでなり)

年齢:60歳

高校:延岡西高校 卒業

大学:九州大学 卒業

 

2 読谷山洋司【無所属】(元総務省官僚)

名前:読谷山洋司(よみやま ようじ)

年齢:53歳

高校:芝高校(東京都) 卒業

大学:東京大学 卒業

県知事選挙

延岡市長選挙の結果速報

確定(開票率:100%)

1 永山英也 25,527票

2 読谷山洋司 26,094票

スポンサーリンク

延岡市長選挙の各候補者の公約

各立候補者のスローガン、公約は次の通りです。

永山英也

・日本で一番の子育て環境

・魅力的な雇用を創る

・農林漁業を大きく伸ばす

・人材の育成

・歴史、文化、スポーツを生かした街づくりを推進

 

読谷山洋司

・電気代の引き下げ

・水道料金値上げのストップ

・バス交通ネットワークの整備

・子ども医療費助成を中学校3年生まで拡大

・延岡南道路料金見直し

・365日駆け込み寺創設

・幼稚園、保育園、児童クラブなどを強力に支援

・ふるさと納税日本一の実現

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。