[記事公開日]2018/03/29

西脇隆俊(京都府)の高校や大学などの経歴!政党や政策を調査!

西脇隆俊

引用元:https://www.jimin.jp/election/136681.html

京都府知事選挙の候補者の西脇隆俊(にしわきたかとし)さんは、1955年生まれの年齢62歳。

4期勤めた山田啓二知事の退任に伴い立候補し、山田知事の実績を発展させると意気込みを述べています。

その山田啓二知事は、多選に対する批評が退任の理由のようです。

西脇隆俊さんは、後継者のような存在になるわけですが、どのような経歴の方なのか、高校や大学と職歴を調査しました。

また、所属政党や政策についても調べました。

スポンサーリンク

西脇隆俊の高校と大学

名前:西脇隆俊(にしわきたかとし)

年齢:62歳(1955年7月16日生まれ)

出身:京都府京都市下京区

高校:私立洛星高校 卒業

大学:東京大学 法学部 卒業

 

西脇隆俊さんは、地元京都府の出身で、名門・洛星高校を卒業されています。

洛星高校は、中高一貫の進学校で、京都大学や国立大学の医学部を目指す人が多い高校のようです。

京都大学が中心となりますが、東京大学への進学者も輩出しています。

 

西脇隆俊さんも、東京大学に進学しています。

西脇隆俊の職歴

西脇隆俊さんは、東京大学法学部を卒業後、建設省に入省されています。

建設省は、現在の国土交通省となります。

その建設省、国土交通省で、課長職、次長職、局長職、大臣官房を歴任されました。

2016年には、復興庁事務次官に就任し、2017年は顧問をされていました。

スポンサーリンク

西脇隆俊の政党は?

西脇隆俊さんは、京都府知事選挙に無所属で出馬しています。

擁立したのは自公民で、自民党、公明党、民進党、立憲民主党、希望の党の各党の推薦を受けています。

大学卒業後から一貫して、中央省庁で官僚をされていたことから、国とのパイプ役としての働きも期待されているそうです。

 

ふるさと京都に対する思いがとても強い方のようで、またこれまでの経歴もあり、山田啓二知事をはじめ応援されている公人の方々も「最高の後継者」「最良の人材」などと評価されています。

西脇隆俊の政策は?

西脇隆俊さんは、次の政策を示しています。

・経済成長と雇用の安定

・自立した未来の京都づくり

・防災・減災対策の強化

・社会保障と「生活の安心・安全」の充実

・特性を活かした地域・農林水産業の振興

・名実ともに「文化首都」を目指します

・共生社会の実現

・行財政改革

ここまで、西脇隆俊(にしわきたかとし)さんの経歴や政党・政策についてお伝えしました。

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。