[記事公開日]2016/11/12
[最終更新日]2017/03/21

寝る前のヘアアイロンで髪はダメージを感じる?

寝る前のヘアアイロンについて

くせ毛があると毎朝のヘアセットがとにかく時間がかかりますよね。

髪を濡らしてもセットは大変です。

寝る前にカーラーを巻いて寝ると、

朝起きたらカーラーの向きは変わっているし・・・

夜中カーラーが当たって痛いし・・・

なんて私はストレスを感じてました。

しかし最近は、ホットカーラーやヘアアイロンという便利なものがありますよね。

ヘアアイロンは便利ですが髪とって良いのでしょうか?

忙しい朝にヘアアイロンで頑張る前に

スポンサーリンク

ヘアアイロンは熱と湿気や汗との結合によってスタイリングをします。

実は使えば使うほど、湿気を奪って髪にダメージを与えてしまうのです。

なので、いかにしてダメージを最小限にして使用するかが大切です。

ヘアアイロンやドライヤーも大切ですが、その前にまず髪の状態に合わせたシャンプーを見直してみましょう。

本来、髪の毛は毛穴に対して真っ直ぐ生えてきます。

しかし、くせ毛の人は毛穴が斜めになっているので、そこから髪の毛が無理して生えてきます。

そのため、うねりが出てしまいます。

 

残念ながらくせ毛を100%治す事はできません。

ですが、シャンプーでねじれを緩くして、まとまりのある髪にする事は十分に可能です。

それは「ダメージのない潤いのある髪」がシャンプーの得意分野だからでもあります。

ノンシリコンシャンプー又は、弱酸性のアミノ酸のシャンプーにすると効果があります。

 

くせ毛ではなく寝癖の場合は、一度髪の状態をリセットする事が大事です。

ぬるま湯もしくは蒸しタオルで髪を湿らしてから、ドライヤーで乾かしスタイリングをします。

それでもどうにもならない!!という最強寝癖の場合は・・・速やかにシャワーをしましょう。

シャンプー、リンス・トリートメントをしてきっちりリセットすると落ち着きます。

髪の成分とヘアアイロンの相性

スポンサーリンク

髪の毛の主成分はタンパク質です。

そのタンパク質は熱にとっても弱いのです。

髪の毛が濡れている状態でヘアアイロンを使えば、熱によりタンパク質は変性してしまいキューティクルがむき出しになるだけではなく、剥がれてしまいダメージが髪の内部にまで達してしまいます。

そうなると、髪の潤いは失われてしまいます。

しかも、タンパク変性により髪の毛が硬くなってしまうのです!!

サラサラした髪が致命的なダメージを受けるまえに、ヘアアイロンのかけ方を見直しましょう。

ヘアアイロンのかけ方

ヘアアイロンは乾いた髪で使う事が鉄則です。

まずは、ドライヤーで80%程乾かします。

その後はクシでしっかりと髪をすいてもつれを取ります。

 

次にヘアアイロンの熱から髪を守る為にヘアオイルを髪につけましょう。

そして、ヘアアイロンでスタイリングを整えます。

その後、ドライヤーの冷風を髪の毛全体にかけます。

これでキューティクルを引き締める事ができ、サラサラ感がアップします!!

この時ヘアアイロンで髪の毛をぐいぐいっと引っ張らないようにしてくださいね。

そして、ヘアアイロンは週2回までにしましょう!

髪の毛の乾燥により髪が広がり、それをヘアアイロンで矯正をし更にダメージを与え続けてしまいます。

必ず髪の毛を休ませる事が大切です。

毎日ヘアアイロンをしないと無理だという人は、ストレートパーマをあてる事をオススメします。

ヘアアイロンの適切な温度は?

ヘアアイロンを使う時は髪質と温度の関係がとっても大事です。

髪の成分であるタンパク質が熱に弱い事は先ほどお話ししましたね。

 

髪が細くて柔らかい人と太くて固い人では微妙に温度が変わってきます。

  • 髪が細くて柔らかい髪質の場合、ヘアアイロンの温度は100℃以下
  • 太くて固い髪質の場合、120℃~150℃
  • 一般的な髪質の場合は120℃まで

ヘアアイロンは温度設定をしなければ200℃と高温です。

キューティクルが開いてデリケートになっている髪にこんな高温をあてたら、髪の毛はダメージを通り越して死んでしまいます ><

なので、温度は必ず設定をしてくださいね。

シャンプー後のドライヤーをする前に、洗い流さないトリートメントを使うとボリューム感を抑えつつも潤いを与える事ができます。

流さないタイプも活用して髪をケアしてあげましょう。

 

色んな質問サイトを見ると、寝る前にヘアアイロンを使うと寝癖がつきにくいという意見も多数あります。

とは言え、毎日使うのはダメージが大きいのでオススメできません。

なので適度に使いながらスタイリングを楽しんでみて下さいね。

(関連記事) 寝る前のメイク落としの重要さと、彼の心を掴む寝化粧の方法

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。