[記事公開日]2017/09/22
[最終更新日]2017/12/13

中曽根康隆(中曽根康弘元首相の孫)の経歴や大学は?誰の秘書?

中曽根康弘元首相の孫、中曽根康隆氏が衆議院議員選挙への出馬表明をしました。

元総理の孫で、イケメンということもあり、小泉新次郎氏のように今後注目の存在になるのではないかと思います。

 

そんな中曽根康隆氏は、最近まで議員秘書を務めていたようですが、誰の秘書を務めていたのか、経歴とともに見てみましょう!

スポンサーリンク

中曽根康隆の経歴や大学は?

中曽根康隆(なかそねやすたか)氏は、第71~73代内閣総理大臣を務めた中曽根康弘(なかそねやすひろ)氏の孫です。

 

元総理の中曽根康弘は、1918年5月27日生まれで、現在99歳です。

来年には100歳を迎えられます。

とってもめでたいですね!

 

そんな元気な元総理の孫・中曽根康隆氏は、1982年1月19日生まれの現在35歳です。

出身は群馬県で、今回の衆議院議員選挙でも群馬1区から立候補する考えです。

 

大学は、慶應義塾大学法学部法律学科を卒業しています。(2005年)

小学校の頃から慶応で小学校が「慶応幼稚舎」となります。

ちなみに幼稚とついていますが、こちらは慶應義塾が運営するれっきとした小学校で超名門校のようです。

高校と大学では、ゴルフ部で活躍していたようです。

 

大学卒業後は、アメリカのコロンビア大学大学院に進学、国際関係学・修士号を取得しています。

2008年に大学院を卒業後、JPモルガン証券株式会社に入社しています。

債務営業本部という部署で債務全般の取引を5年間行なっていたとのこと。

 

そして2013年に父である中曽根弘文氏の事務所に入所します。

スポンサーリンク

中曽根康隆は誰の秘書?

中曽根康隆氏の父である中曽根弘文(なかそねひろふみ)氏は、自民党の参議院議員です。

中曽根康隆氏は、そんな父の私設秘書を務めていました。

 

しかし、次期衆院選への出馬を考え、今年の8月末に秘書を辞任。

9月5日の群馬県前橋市内で開かれた勉強会でそのことを明らかにしたようです。

この勉強会は、中曽根康隆氏を支援する団体で、参加者は約220人いたとのこと。

 

父である中曽根弘文氏は、外務大臣、文部大臣、科学技術庁長官などを歴任している方で、現在71歳です。

中曽根康隆が出馬する群馬1区とは?

中曽根康隆氏は「1区から自民党の公認を目指して出馬する。県連前橋支部に公認申請を出す。自民が唯一の国政政党。群馬から羽ばたきたい」と会見で語りました。

しかし自民党は、群馬1区には、現職の佐田玄一郎に代わり、比例北関東ブロックの尾身朝子氏を公認として推薦することを決定しています。

佐田玄一郎氏は、女子大生との援助交際が問題となったため、公認から外れましたが、本人は出馬意欲を捨てていないようです。

 

中曽根康隆氏は、当公認を得られなかった場合でも「不退転の覚悟で望んでいく」と無所属での出馬も考えているようです。

 

この「不退転の覚悟」ってどのような意味なのでしょうか?

調べてみたら、「何があってもくじけず、屈することなく突き進む」という意味のようです。

ですから、どんなことがあっても群馬1区から出馬するという構えと言えるでしょう!

 

【追記】結果的に、比例区での出馬となり、当選しました。

現在、自民党衆議院議員となりました。

親子3世代での国会議員が誕生。

 

若手イケメン議員として、小泉進次郎氏のような活躍が期待されそうです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。