[記事公開日]2018/01/09

永野耕平(岸和田市長選挙2018)の出身高校や経歴を調査!

大阪府

大阪維新の会選出で大阪府議会議員の永野耕平さんが、岸和田市長選挙に立候補する方針だそうです。

岸和田市を巡っては、信貴芳則市長が自民党への資金提供問題の責任を取り、辞職しましたが、しがらみを絶つことを表明し、2月4日の出直し市長選挙に出馬する予定です。

前回、2017年8月の市長選挙で敗れた、西田武史さんは自民党の推薦を受けていましたが、今回の選挙では無所属で出馬する意向を示しています。

政党の公認や推薦を受ける候補者は永野耕平さんのみとなりそうです。

その大阪維新の会の永野耕平さんの出身高校や経歴を調査しました。

スポンサーリンク

永野耕平の出身高校や経歴は?

名前  :永野耕平(ながの こうへい)

出身  :大阪府岸和田市

生年月日:1978円4月25日(39歳)

学歴  :

 清風高校 卒業

 関西学院大学 卒業

 大阪市立大学大学院 卒業(MBA)

永野耕平さんの年齢は現在39歳。

大阪維新の会に所属し、地元岸和田選出の府議会議員です。

 

出身の清風高校は大阪府の私立高校で、偏差値は60~70というハイレベルな高校のようです。

大学は関西学院大学に進み、大阪市立大学大学院と進学しています。

 

社会福祉士の資格も取得しており、児童養護施設で働かれていました。

施設の副園長も務めた方です。

スポンサーリンク

2015年の統一地方選挙で、岸和田市選挙区で投票数の40.6%を獲得して初当選されました。

こちらがその時の選挙演説の動画です。

また、子どもや福祉の業界に携わってきたこともあり、政策は、教育・福祉・医療を重視されているようです。

市長選挙立候補にあたっては、市の財政の健全化も主張。

大阪維新の会は、今まで政治家自身が痛みを伴う改革を行ってきたので、そういった大阪維新の会の改革に注目が集まるかと思います。

 

2月4日の選挙に向け、どのような改革案を打ち出してくるのか、期待感は一層高まっていくのではないでしょうか。

自身の福祉の経験も含めた政策にも注目です。

大阪維新の会の永野耕平さんの出身高校や経歴についてお伝えしました。

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。