[記事公開日]2018/01/28
[最終更新日]2018/01/29

宮崎市長選挙の結果速報2018!立候補者の経歴や公約は?

宮崎県

1月28日投開票、宮崎市長選挙(宮崎県)の立候補者の経歴・公約と結果速報をお伝えします。

【速報】現職の戸敷正さんが当選です。

 

投票率は「42.21%」です。

前回2014年の投票率は「31.56%」でした。

スポンサーリンク

宮崎市長選挙の候補者の経歴は?

立候補者は届出順に次の3名です。

1 戸敷正【無所属】(現職)2期目

名前:戸敷正(とじき ただし)

年齢:65歳

高校:高鍋農業高校 卒業

大学:県立農業大学校 卒業

 

2 伊東芳郎【無所属】(元市職員)

名前:伊東芳郎(いとう よしろう)

年齢:48歳

高校:宮崎南高校 卒業

大学:宮崎医科大学 卒業

 

3 清山知憲【無所属】(元県議)

名前:清山知憲(きよやま とものり)

年齢:36歳

高校:宮崎西高校 卒業

大学:東京大学 卒業

県知事選挙

宮崎市長選挙の結果速報

23時00分時点(開票率:65%)

1 戸敷正 38,000票

2 伊東芳郎 14,500票

3 清山知憲 38,000票

 

確定(開票率:100%)

1 戸敷正 64,006票

2 伊東芳郎 21,269票

3 清山知憲 53,710票

スポンサーリンク

宮崎市長選挙の各候補者の公約

各立候補者の公約は次の通りです。

戸敷正

・5000席以上のアリーナ建設

・全中学校に外国人先生を配置

・市内全域にコミュニティバスを運行

・中学生までの医療費無料化

・IT企業の誘致

・待機児童ゼロ

・地震、津波対策

・農林水産業後継者の育成

 

伊東芳郎

・中学生までの医療費完全無料化

・介護お検量は増額ゼロへ

・公園、公民館の整備

・犬猫の処分ゼロへ

・アリーナ、新庁舎建設見直し

 

清山知憲

・介護、認知症を減らす保健政策の実行

・ガンの予防、検診、ケアを医師の視点で充実

・市役所や企業の生産性を向上させる

・農林水産業の所得向上を支援

・アジア成長を取り込む海外戦略

・市立小中学校にエアコン整備

・子ども医療費の助成

・児童クラブの待機ゼロ

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。