[記事公開日]2017/12/24

三豊市長選挙の結果速報2017!開票経過と当選者は?

香川県

12月24日投開票、三豊市長選挙(香川県)の開票速報と結果速報をお伝えします。

【速報】元県議の山下昭史さん(51)が当選です。

 

投票率は44.66%です。

2006年の投票率は「81.31%」でした。

2010年、2014年の選挙は候補者1名により無投票でした。

今回の選挙は、横山忠始市長の死去に伴う選挙です。

それでは開票経過です。

スポンサーリンク

三豊市長選挙の結果速報

立候補者は届出順に次の2名です。

1 山下昭史(51)【無所属】(元県議)

2 大平敏弘(63)【無所属】(元市議)

 

21時50分時点(開票率:28.0%)

1 山下昭史 3,500票

2 大平敏弘 3,500票

 

22時1o分時点(開票率:93.8%)

1 山下昭史 16,500票

2 大平敏弘 7,000票

 

22時25分確定(開票率:100%)

1 山下昭史 17,266票

2 大平敏弘 7,362票

 

山下昭史さんが新市長に当選となりました。

スポンサーリンク

三豊市長選挙の各候補者の公約

各立候補者のスローガン、公約は次の通りです。

 

山下昭史(やました あきし)

「心をひとつに 三豊市のまちづくり」

・収益性の向上で農水産業の後継者不足の解消へ

・集約型王業や作物転換で地産化

・魚価の安定化

・女性が活躍できる舞台を広げる

・安心して働ける環境作り

・保育料の無償化

・保育施設保育料の減額

・中小企業への支援と投資

・企業ファンドの立ち上げ

・農水産業の振興

・中小企業への投資

・ICTの活用

・AIの先進的導入

 

大平敏弘(おおひら としひろ)

「対話から生まれるより心豊かで活気のある三豊市へ」

・市長退職金1期4年毎の廃止

・月報酬の見直し

・地域照射を軌道に乗せる

・学校給食の食育から市民の健康度UP

・対話のための100人会議

・コミュニティバスの利便性の向上

・職員と市民の「わくわくまちづくり塾」

・各産業の連携とブランド化

・目安箱の設置

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。