[記事公開日]2017/10/25
[最終更新日]2018/01/30

湊和久(山口市長選挙2017)の高校や経歴!どんな公約?

市長選挙

10月29日投開票の山口市長選挙にNPO代表の湊和久(みなとかずひさ)さんが立候補しました。

対立候補は、新人の有田敦さん、現職の渡辺忠さんです。

ここでは、湊和久さんの出身高校や大学などの学歴や選挙の政策マニフェストについて見てみましょう。

スポンサーリンク

湊和久の高校や大学などの経歴

名前  :湊和久(みなとかずひさ)

出身  :東京都新宿区(山口県宇部市育ち)

生年月日:1959年1月13日(58歳)

学歴  :

宇部市立琴芝小学校 卒業

宇部市立上宇部中学校 卒業

香川高校 卒業(山口県)

関西外国語大学 卒業

 

湊和久さんは、新宿で生まれ、2歳の時に宇部市に移り住みました。

香川高校は、山口県宇部市にある私立高校です。

現在は、宇部フロンティア大学付属香川高校という名称です。

大学は関西外国語大学を卒業しています。

 

卒業後は、テレビ山口に就職して報道制作局制作部に勤務。

その後、親族経営の湯田自動車学校に転職しました。

校長代理、副校長、校長を歴任。

 

2011年には、山口県立大学大学院に入学。

「交通安全教育に関する研究/交通安全を中核とする安心安全な街づくり」をテーマとして論文に取り組みました。

スポンサーリンク

現在は、NPO山口運転者教育研究所の代表を務めています。

職業の肩書きは、交通アナリストだそうです。

アナリストは分析家や評論家という意味なので、道路交通の評論家なのだと思います。

湊和久の公約は?

山口市は、2012年から2014年に1世帯のガソリン平均消費量が日本一だったそうです。

また、高齢者だけの世帯が増加しています。

そのため、湊和久さんは公共交通の整備の重要性を訴えています。

 

長年、道路交通に関わってきた経験を活かし、道路交通の整備を基盤にした街づくりを公約として取り組んでいく姿勢です。

 

湊和久さんは無所属での立候補。

家族や友人の協力を得ての選挙戦になります。

他の2人の候補者も無所属での立候補です。

有田敦さんは元市議、現職の渡辺純忠さんは、自民党・民進党の推薦を受けて4選目を目指します。

(関連記事) 渡辺純忠(山口市長選挙2017)の評判と公約!経歴や学歴は?

 

山口市長選挙は、2017年10月22日公示、2017年10月29日投開票です。

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。