[記事公開日]2018/01/19
[最終更新日]2018/01/22

南相馬市長選挙の結果速報2018!立候補者の経歴や公約は?

1月21日投開票、南相馬市長選挙(福島県)の立候補者の経歴・公約と結果速報をお伝えします。

【速報】新人の門馬和夫さんが当選です。

201票という僅差の戦いでした。

 

投票率は「62.39%」でした。

前回2014年の投票率は「62.82%」です。

それでは、開票経過と結果速報です。

スポンサーリンク

南相馬市長選挙の候補者の経歴は?

立候補者は届出順に次の2名です。

1 門馬和夫【無所属】(元市議)

名前:門馬和夫(もんま かずお)

年齢:63歳

高校:原町高校 卒業

大学:東北大学工学部 卒業

職歴:原町市役所、原町市議、南相馬市議

 

2 桜井勝延【無所属】(現職)2期目

名前:桜井勝延(さくらい かつのぶ)

年齢:62歳

高校:原町高校 卒業

大学:岩手大学農学部 卒業

職歴:原町市議、南相馬市議、南相馬市長

県知事選挙

南相馬市長選挙の結果速報

19時30分時点(開票率:24.23%)

1 門馬和夫 4,000票

2 桜井勝延 4,000票

 

20時00分時点(開票率:96.90%)

1 門馬和夫 16,000票

2 桜井勝延 16,000票

 

20時10分時点(開票率:99.29%)

1 門馬和夫 16,494票

2 桜井勝延 16,293票

 

20時20分確定(開票率:100%)

1 門馬和夫 16,494票

2 桜井勝延 16,293票

スポンサーリンク

南相馬市長選挙の各候補者の公約

各立候補者のスローガン、公約は次の通りです。

門馬和夫

「100年のまちづくり」

・幼稚園、保育所の無料化の継続

・病児保育や一時保育の充実

・中学生の海外研修制度

・子どもの入院体制整備

・市内医療機関間の医療人材活用

・二次救急体制の改善

・技術者育成支援

・農業の新技術導入

・新たな作物や加工品の取り組み支援

・常盤道4車線化

・特例子会社の誘致や産品開発支援

・脱原発と再生可能エネルギー活用

 

桜井勝延

「心ひとつに 元気で希望に満ちた南相馬市を!」

・脱原発の推進

・旧避難指示区域の再生

・小高区スマートIC整備

・18歳までの子供医療費無料を継続

・県立特別支援学校の整備

・南相馬ブランドづくりを推進

・介護士の就学費用を支援

・全国都市緑化フェアの誘致

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。