[記事公開日]2017/12/22

熊本憲三(広島市議会議員)の年齢や経歴?政党も調べてみた!

執行役員

広島市議の熊本憲三議員(くまもとけんそう)が、詐欺の疑いで広島地方検察庁に起訴される見込みというニュースが流れました。

本人そのような事実はないとしているので、真実は今後明らかになると思います。

ここでは、その熊本憲三市議の経歴や政党について調べてみました。

スポンサーリンク

熊本憲三の年齢や経歴は?

名前  :熊本憲三(くまもとけんそう)

出身  :広島県広島市

生年月日:1963年5月17日

高校  :広島県立広島商業高校

大学  :徳山大学経済学部経営学科卒業

 

熊本憲三議員の年齢は、1963年生まれの現在54歳です。

憲三は、「けんぞう」ではなく、「けんそう」が正しい読み方です。

広島県内の高校を卒業後、山口県の徳山大学に進学されています。

 

広島市議会議員の秘書を務めたのち、市議会議員選挙に出馬。

広島市議会議員は7期目とのことです。

 

子ども会や青少年健全育成連絡協議会など、子ども関わる仕事の会の顧問や名誉会長も務めています。

事実がどちらにしても検察が起訴するほどの疑いをかけられていたら、このような役職を務めるのは、子どもたちの教育的にもよくないと感じます。

熊本憲三の政党はどこ?

熊本憲三議員の政党は、自民党です。

自民党にも保守クラブという会派がありますが、そちらには属していない方です。

7期でそれなりにベテランだと思いますが、特に役職にもついてないようでした。

 

10月には広島市に300万以上のお金を返還したとのこと。

「道義的責任を取る」という理由ですが、やましい事がないのなら、返還する必要はないのではないかと個人的には感じてしまいました。

雇用したとされる女性事務員さんが実在するなら、その方に証言して貰えば潔白は証明できるので、そのようにすればいいのではないと思います。

 

ちょっとつじつまが合わないなぁと感じますが、今後しっかりと明らかにして欲しいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。