[記事公開日]2018/01/07

久保英恵(アイスホッケー)の高校や経歴は?実力や成績についても!

アイスホッケー

アイスホッケー女子代表、通称スマイルジャパンのエースでもある久保英恵(くぼ はなえ)選手は、平昌オリンピックで日本に勝利をもたらしてくれるであろう選手としても期待されています。

スマイルジャパンの中でも飛び抜けた経歴や実力を持つ選手です。

そんな久保英恵さん経歴や成績について調べました。

スポンサーリンク

久保英恵の経歴や実力は?

名前  :久保英恵(くぼ はなえ)

出身  :北海道苫小牧市

生年月日:1982年12月10日(35歳)

高校  :苫小牧工業高校

大学  :浅井学園大学

所属  :SEIBUプリンセスラビッツ

久保英恵さんは、4歳からアイスホッケーをはじめ、13歳で日本代表デビューを果たしました。

中学生で日本代表なんて、とんでもない実力ですよね。

 

ただ、13歳で日の丸を背負って戦うということは、その分プレッシャーも大きかったと思います。

普通だったら折れてしまいますし、大人に混じってポツンと中学生がいる状況を考えたら、私だったら耐えられないです。

久保英恵さんは、そんなプレッシャーのかかる環境を乗り越え、高校生になると既に誰もが認めるエースになっていました。

そんな期待のエースは、1度引退を表明しています。

 

その理由は、2008年のバンクーバーオリンピック予選の代表に落選したこと。

諦めず、予選後の代表復帰を狙っていたのですが、日本代表が予選敗退。

それにより、オリンピックの夢が絶たれてしまい引退を決意しました。

 

4年かけて目指したオリンピック。

それをまた今から4年後を目指して頑張るという気持ちにはなれなかったそうです。

オリンピック選手は、大会が終わると急に気力がなくなってしまうという話もよく聞きますし、久保英恵さんの同じような症状だったのではないかと思います。

スポンサーリンク

しかし、2011年のサッカー女子がW杯で優勝したことが復帰のきっかけとなりました。

大きな刺激を受けたそうです。

また、日本アイスホッケー連盟の元副会長でもある若林仁(メル若林)さんから数年にわたって代表復帰を後押しされていたこともあり、復帰を決意したそうです。

久保英恵さんにとって、若林仁さんは恩人で、メルさんには感謝していると述べています。

若林仁さんは時間を見つけては、苫小牧まで何度も会いに行っていたというエピソードもあるほどです。

 

日本代表はみな良いものを持っているけど、久保英恵さんに関しては、レベルが1つ違うということを言っています。

それだけ、代表復帰を熱望していたんだと思います。

久保英恵の成績は?

久保英恵さんのポジションはFW。

平昌オリンピックの最終予選では3試合で5点を挙げています。

また、日本代表試合の得点は歴代1位の記録も持っています。

 

久保英恵さんにとって、オリンピックは小さい時から抱き続けてきた夢だそうです。

平昌オリンピックでは、その想いと実力を思いっきり出しきってほしいですね。

ポイントゲッターであるエースの活躍がますます楽しみです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。