[記事公開日]2018/01/13

行田邦子参院議員(希望の党)の年齢は?出身や選挙区はどこ?

国会議事堂_選挙

2017年10月の衆院議員選挙の時に誕生した希望の党の結成メンバーでもあり、参院副幹事長も務める行田邦子(こうだくにこ)さん。

衆院選の際に、行田邦子さん自身の選挙区の県の全選挙区擁立を目指し、活動されていた事が個人的には印象が残っています。

そんな行田邦子さんの年齢や出身と学歴、そして選挙区が気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

行田邦子の年齢は?

行田邦子さんは、見た目とても綺麗な方ですよね。

デキるキャリアウーマンって感じがします。

年齢を調べてみたら、1965年生まれの52歳。

52歳でこの若々しさなので、60歳になった時も、おそらく綺麗な顔立ちをされているんでしょうね^^

行田邦子の出身や学歴は?

行田邦子の出身は、岩手県遠野市です。

しかし、育ちは東京都大田区。

東京でずっと育ったようです。

 

大学は、国際基督教大学(こくさいきりすときょうだいがく)教養学部。

高校についての情報はありませんが、おそらく東京の高校だと思われます。

大学を卒業後は、広告代理店に勤めました。

電通でも働いた経験を持ち、電通に在職中に結婚されています。

行田(こうだ)は旧姓で、本名は山崎邦子さんです。

スポンサーリンク

行田邦子の選挙区は?

行田邦子さんは、2007年の参議院選挙で民主党公認で初立候補しました。

選挙区は、埼玉選挙区。

地元に縁もゆかりもなかった新人候補でしたが、トップ当選を果たしました。

若さをアピールした草の根運動の甲斐があり埼玉県内全域に名前が浸透したそうです。

 

ただ、行田邦子さんは、渡り鳥としても知られ、様々な政党を渡り歩いています。

民主党 → みどりの風 → みんなの党 → 無所属 → 希望の党となっています。

現在、参議院議員2期目ですが、2期目は「みんなの党」から出馬しています。

みんなの党解党により、無所属となったわけですがが、その後も複数の政治団体を設立している方でもあります。

 

希望の党は民進党との統一会派を目指して協議中。

しかし、行田邦子さん、中山恭子さん、松沢成文(しげふみ)さんは反対の姿勢を示しています。

この3名は希望の党所属の参議院議員です。

 

行田邦子さんは、希望の党の結成メンバーで、自身の選挙に向けて希望の党に移ってきたわけではないので、「憲法改正や安全保障で民進党とは考えが一致していない」という主張は正しいと個人的には思います。

 

ただ、もともとは民主党の出身者。

民進党の前身である党に自らがいたことを考えると、違和感を感じるところもありますね。

ごたごたの2党ですが、今後の行く末はどうなのでしょうか。

行田邦子さんが今後どのように動くかも注目ポイントだと思います。

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。