[記事公開日]2017/08/29
[最終更新日]2017/09/15

北朝鮮がミサイル発射!!落下した襟裳岬東方の場所の地図

本日9月15日、北朝鮮がミサイルを発射しました。

場所は、襟裳岬(えりもみさき)から東に約2,200kmと推測されています。

北朝鮮ミサイル襟裳岬9月15日

出典:NHK NEWS WEB

ミサイルは、7時4分ごろから6分ごろに北海道上空を通過。

7時16分ごろに襟裳岬の東の海上、約2,200kmに落下したもようです。

スポンサーリンク

8月29日、午前5時58分ごろ、北朝鮮がミサイルを発射しました。

午前6時6分ごろ、北海道の襟裳岬(えりもみさき)上空を通過したと菅義偉官房長官が緊急会見で発表。

(政府は先ほど、「6時6分ごろ」を6時7分ごろ」に修正)

 

午前6時12分ごろ、北海道の襟裳岬東方の東、1180キロの太平洋上に落下したと推測されています。

そのミサイルの経路と落下場所は次の通りと推測されています。

北朝鮮のミサイル落下した襟裳岬

出典:NHK NEWS WEB

菅官房長官は「現在のところわが国の領域への落下物は確認されていない。」と述べています。

今回発射された弾道ミサイルは1発。

ミサイルの最高高度は550キロ余りに達しているとみられ、飛行距離は2700キロ余りとみられています。

 

今回は北朝鮮が発射の方向を事前に予告しておらず、ミサイルが日本の上空を通過しました。

発射予告をせず、日本上空を通過するのは異例とのことで、その原因について防衛省で分析が進められている模様です。

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)