[記事公開日]2017/11/29

北朝鮮ミサイル(11月29日)の落下した場所はどこ?地図で確認!

北ミサイル

今日2017年11月29日の午前3時18分ごろ、北朝鮮は弾道ミサイルを発射しました。

青森県西方約250キロに落下したということですが、場所は一体どこなのか調べました。

スポンサーリンク

北朝鮮ミサイル(11月29)の落下した場所の地図

青森県の西方250キロ、高度は4000キロを超えているということです。

陸から250キロなので、もう少し飛んでいたら、大変なことになっていました。

こちらが地図です。

北朝鮮ミサイル1129

出典:NHK NEWS WEB

 

ミサイルは53分間の間、上空を飛んでいたようです。

また角度を高く上げて打つ「ロフテッド軌道」で発射されたようで、射程距離は5500キロを超えると推測しているようです。

アメリカを狙っていたのでしょうか・・・

 

日本の陸に到達する前に落ちましたが、もし漁船が活動している時間だったら、直撃していた可能性もありました。

被害がなくて本当によかったです。

日本の排他的経済水域(EEZ)に落下したのは、今年だけでも7回目!!

菅官房長官は、午前4時頃に会見を開き、「厳重に抗議した」と述べました。

 

今回のミサイルは飛行時間が長くなり、高度も高くなっているので、残念ながら技術が進歩が見られます。

今後の政府の情報に注意してください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。